我が家には2年前の夏に保健所から引き取った黒猫がいます。

初めて子猫から飼う猫で、何となく子猫は大人しいイメージを持っていたのですがこの子はもうちょこまかと動き、手を出すと引っかいたり噛みついたりして大変でした。

子猫はこんなに怖いものだとは思わずどうしたものか悩んだのですが、美味い具合に脇腹を掴むことで安全に抱き上げることを覚えてから可愛く思えるようになります。

でもこの子はやんちゃでそれからも色々やらかし、例えば家族の手や足に?みついて血を出させ、なんと顔に噛みついた時もあります。

それで顔から血を出して泣く家族の様子はとても痛々しくて困りました。
あと私の部屋には段ボール箱を入れ物として使っているのですが、それをかみちぎったり、あと部屋の壁紙をはがしたりもします。

どうしたものかと思ったのですが時間を経るごとにその頻度は減って行き、今では滅多に噛みつくことはない良い子になり、猫も精神的に大人になるものなのだと良い勉強になりました。

そしてその子が家に来てから数ヶ月後、ついに去勢の日がやってきます。
母が病院に連れて行ったのですが、その子が帰って来た時、その子は麻酔でフラフラしており何ともいたたまれない様子でした。

大丈夫かなと心配でしたが、翌日からすぐに元気になり他の猫を追いかけて家の中をばたばた走って安心させてくれます。

あと私の部屋の窓からよく屋根に出ていたのですが、新しい猫が来るとやんちゃさはその子に譲られたようで大人しくなりました。

やはり若い猫の方がやんちゃで、年齢が高い猫は遠慮するのか大人しくするようです。
そういう様子を見てよく言われているように猫にも社会があることを実感しました。