私の飼い犬が体験してしまった肥満からと考えて、動物病院の主治医からの言葉としてこれからの病としまして「これからの年齢が進むにつれて生活習慣病になってしまいますよ」といわれました。

生活習慣が関与して起こる慢性の病気で、近年では動物にも人間と同じような生活習慣病がみられるようになってきています。

犬の生活習慣病の多くは肥満に関係しています。この肥満は食生活の習慣から生じてきました。

・糖尿病
近年は人間と同じように、エネルギー摂取とインスリン分泌のバランスが崩れて生じる糖尿病が多く見られます。この結果として、膵臓が疲労して機能が破壊されてしまいます。

・脂肪肝
過剰な脂肪は皮下脂肪や内臓脂肪になるばかりではなく、肝臓にも蓄積してしまい脂肪肝となってしまいます。

・変形性関節症
過剰な体重がかかると関節が変形してぼろぼろになってしまう変形性関節症が起こってしまいます。関節には凸凹ができるので、歩くと痛みが生じてしまいます。

痛いと動かなくなってしまいますが、動かさないとさらに凸凹が生じてしまい、関節の変形が進んでしまうという悪循環になってしまいます。この病気は加齢とともに進行してしまいます。

・椎間板ヘルニア
犬の背骨は人間と違いまして水平になっています。肥満になってしまい、内臓脂肪がつきますと背中の中心が地面に向かって垂れ下がるように曲がってしまいます。そこの場所に椎間板ヘルニアが発生してしまいます。

・気管虚脱
犬は気管も水平になっていますので、脂肪が増えすぎると気管が圧迫されて気管虚脱となってしまいまして、呼吸困難や咳などの症状を引き起こしやすくなってしまいます。気管の組織は加齢とともに弱くなってしまうため、高齢になるほど発生しやすくなります。

・心不全
体重が増えると血液も過剰に作られてしまいます。心臓は体に合った量の血液を送るようにしていますから、血液の量が増えてしまいますと心臓の負担は増してしまい、慢性的にその状態が続いてしまいますと心筋が疲労してしまい、心不全になってしまいます。

・消化器疾患
内臓脂肪が増えると腸の蠕動運動は低下してしまい、便秘や下痢などの消火器疾患が起こりやすくなってしまいます。

これからさらに肥満になってしまうことを防ぐためにも、肥満の原因としての食べ物の与えすぎや運動不足にならないように食餌管理や毎日散歩をすることを飼い主である自分が甘やかさないようにこころがけています。