30年の人生の中で、ウサギ・ハムスター・モルモット…などの小動物と犬とは暮らしてきた経験がありました。ですが、ネコは家族が苦手という事もあり飼うことはできませんでした。

そうなると身近にいるネコといえば野良であり、ビビリな私には?ひっかく?や?噛みつかれる?というマイナスイメージだけが先行してしまい触ることはありませんでした。

そんな私が2匹のオス猫を飼っている旦那さんと出会いネコへの考え方が変わりました。
最初に顔をあわせたとき、1匹は物を倒しながら急いで隠れました。もう1匹は匂いを嗅いでしばらく遠くから私の様子を見ていました。

ネコと初めて同じ空間にいた私はネコがこんなにも同じ体験で全く違う反応を示すことに驚きました。ネコという生き物は用心深くあまり他の生き物(特に人間)とは馴れ合わないものだと思っていたからです。

何度か会ううちに、急いで隠れていた方のネコは膝に乗って甘えるようになりました。もう1匹は近づくと怒るけれどそれ以上でも以下でもありません。

そして現在一緒に住んで3年になりますが、甘えるネコはもっと甘えん坊のかまってちゃんになり、もう1匹は自分が甘えていい時と場所を選んで膝に乗ってくるようになりました。

人生で初めてネコと暮らしている私ですが、小さな動物達とも犬とも違う面白さを実感しています。犬のように呼んだら来てじゃれたり、遊んでほしいときはおもちゃを持って来てこちらをじっっとみたり、ご飯が欲しい時は大声で鳴いたり…。

しかし、こちらがら遊ぼうとすると寝てしまうこともあるのでやはり気まぐれなネコではあります。
一緒に暮らしてネコの面白さを毎日感じています。やはり触れ合ってみないと良さはわからないのだと実感しました。