9年前にトイプードルを飼い始めました。ペットショップで見つけて、黒いトイプードルが欲しかった私はその場ですぐに買うことに決めて帰りました。

ペットショップでは2匹で一つのお部屋に入っていたせいか、家に連れて帰ってからは寂しくてずっと鳴いていました。 2-3日すると家にもなれて私達家族にも慣れてきたようでした。

ワクチンも済ませ、お散歩デビューも無事にできて楽しくワンちゃんとの生活はスタートしたのでした。

初めて犬を飼ったこともあり、家の中ではソファーの上をジャンプして登ったりおりたり、また、ベッドの上も登ったりおりたりしておりました。

もちろんフローリングもそのままで飼っておりました。
ある日、ワンちゃんがソファからいつものようにジャンプして降りた時に、「キャーーンっ」といつもにない鳴き声でないたのです。

右腕をあげたまま大声で鳴き叫ぶワンちゃん。
すぐに病院に連れていくと、右肩を脱臼しているとのことでした。

とりあえずその日は包帯で固定して家に連れて帰ったのですが、その脱臼がひどかったため、手術することに。

脱臼の手術はなかなか難しいらしく、1回目の手術後数日でまた脱臼、2回目の手術後、また脱臼、3回目の手術後、また脱臼、、、4回目は手術方法を変えてボトルでつなぐことに。。

それからまた数ヶ月後、反対の肩が脱臼してしまい、1回目手術後また脱臼、今度は2回目ですぐボトルでつなぐことに。。

最初の手術から最後の手術までおよそ1年半が経過。
もともとアトピー体質だったのもこの1年半で悪化してしまいました。

昔のようには外で散歩も出来なくなり、なんとか今は両腕が使える状態にはなっていますが、足の方にもかなり負担がかかっていたと思うので、いつ足の方も脱臼してしまうか分からない状態です。

他のワンちゃんをみていると、なんでうちの子はこうなってしまったんだろうと思います。

やはり、フローリングじゃなくてカーペットを敷いたり、ソファやベッドには上がらないようにしておけばよかったと思います。

今は足が不自由なのもあり、おもちゃで遊んであげることも出来ず、ただご飯を食べておしっことうんちをなんとかフラフラしながらしている状況です。

もともとうちの子の足も弱かったのだとは思いますが、ペットショップで買う時はよく吟味しないといけないなと思うのと、飼い方も気をつけてあげればよかったなと思いました。

それでも元気に生きてくれているわんちゃんを大切に育てて、残りの人生を全うして欲しいと思います。