我が家ではペットとして柴犬を飼っています。ブリーダーさんから直接購入したのですが、家に連れてきてからたびたび自分の足を噛む様子が見られました。

最初は環境が変わったストレスによるものかと思っていました。しかし、予防接種の時に獣医さんに相談してみたところ、アトピー性皮膚炎の可能性が高いことが判明しました。

犬も犬種によっては幼少のころにアトピー性皮膚炎を発症することもあるとのこと。確かに家の柴犬もよく噛んでいる足の所が黒くなっていました。これも一つの症状だそうです。

犬もアトピー性皮膚炎にかかることを今回初めて知りました。家の柴犬の場合はそこまでひどい症状ではなく、内服薬である程度かゆみがコントロールできているようでした。

とはいえ普段からのスキンケアも重要です。そこで月に一度、トリマーさんのところでシャンプーをしてもらうことにしました。

足を噛む症状が出た時は内服薬を食事に忍ばせて飲ませることと、月に一度のシャンプーでかなり症状が改善されましたように感じます。

とはいえ最近はだんだんと賢くなってきたのか、食事に忍ばせた薬に気づいて薬だけ残すという技を覚えてきました。薬を飲ませるときは犬と人間の知恵比べです。

食事ではなくパンなどをお菓子としてあげるときにそれの中に隠したりしています。

それでも時々薬だけ吐き出したりしているのでなかなか気が抜けません。本当はアトピー性皮膚炎が治って薬を必要としなくなることが理想なのですが。