ある日飼っているロングコートチワワのペットと布団の上でじゃれて遊んでいる時、勢い余って布団を持ち上げた時にペットが壁にぶつかって頭を強くぶつけてしまいました。

その時の打ち所が悪く、ペットは動かなくなりぐったりとしたままの状態になりました。舌を見ると明らかに紫色で危険な状態であると思い、夜中だった為緊急の動物病院まで急いで車で連れて行きました。

車で連れてっている間にもどんどん動かなくなっていき気が気ではありませんでした。病院では頭を強く打った事によって脳震盪を起こしていると言われ、非常に危険な状態だと言われました。


地面に置いてもふらふらて自力で歩くことが出来ない状態でした。そのまま入院する様に言われ自力で呼吸をするのが難しい為、鼻から管を通して呼吸をさせている状態でした。

そのままそちらの夜間緊急病院に入院する事になり、脳の炎症を抑える為の薬や脳圧を下げる為の薬を打ってしばらく様子を見る事になりました。

その日は一旦帰宅して毎日仕事が終わってから様子を見に行くという形でしたが、ペットの様子はなかなか良くならず、ずっと点滴を打ちながら栄養を与えていました。


部屋の中に入れていても立ち上がったり、動いたりする事は無くずっとぐったりしていました。入院3日目にあまり状態が良くないので、もしかしたら明日まで持たないかもしれないと言われもうダメかもしれない。

と思い本当に悲しくて眠れませんでした。しかし次の日病院に行くと、少しよろよろしながら立ち上がろうとしていました。

何だか少し顔も元気になった様に見えて、少し希望が見えた気がしました。その後徐々に回復していき、少しづつ歩けるようになって若干歩き方に後遺症は残ったものの10日で無事に退院する事が出来ました。


一時期はもうダメかもしれない状況だったので先生も回復した事に驚いていました。

本当に嬉しかったし、チワワは特に頭もそんなに強くない為脳震盪も起こしやすいという事を学び、もう二度と頭をぶつけるような遊び方はしない様にしようと強く思いました。

少し後遺症が残って、歩くときに手が外側を向いている様な歩き方をしていましたが今ではすっかりその後遺症も治り元気に過ごしています。

その後の検診でも特に異常はありません。もし同じ様な事が起きた方はとにかく早めの処置が大切だと思いますので、頭をぶつけて少しでもおかしな様子があればすぐに病院に連れて行って頂けたらと思います。