子供がアレルギー体質でハムスターを飼っていたのですが、アレルギー性結膜炎になり小動物は飼えないとなりしばらく飼っていなかったのですが、アレルギー検査の結果犬と猫のアレルギー反応が無かったので思い切って犬を飼う事にしました。

色々調べた上でリビングで飼えるゴールデンレトリバーを飼う事にしました。

子供の頃はすごくヤンチャでダイニングの椅子の足やら木製の柵やらを噛み、色んなものを食べてしまい、トイレトレーニングはなかなか覚えず、服を破かれ疲れ果てていました。

ある時、ウンチをした時に輪ゴムが出てきた!と思ったのですがよく見ると輪ゴムが動いてたのでビックリしました。

ティッシュに包み急いで病院へ行きました。どうやら回虫という体に済んでいる虫だったようです。

母親が体内に持っていた場合子供にも入る場合があるそうです。薬でまだ居るかもしれない回虫を死滅させる事にしました。

その後、一年ほどした頃夜中ぐったりとしているので抱っこしてみると高熱が出ているようでした。
犬でも熱がでるのかと初めてのことで動揺しました。急いでネットで夜中もしている動物病院を探して車で時間以上かけて病院へ行きました。

薬を注射で投与し、検査と点滴を受けました。深夜料金も含めて25000円でビックリしました。カード払いも出来たので支払えたのですが、動物の保険に入るべきだったなと後悔しました。

その後も皮膚の疾患があったり、耳の中の菌で繰り返し爛れたり、医療費は年間すごくかかりました。
自宅でも耳のケアのためにノルバサンで消毒していますが、すごく手がかかって大変です。

しかし、それ以上に犬が家族になった事で得れた事の方が尊く愛しいものです。

ゴールデンレトリバーは抜け毛が多く、アレルギー体質の息子は犬の被毛へのアレルギー検査で数値が上がってしまいましたが、大きくなるにつれ喘息やアレルギーの症状は軽くなってきています。