子どもが幼稚園に通い始めたころから、ハムスターを飼い始めました。
初めは小さくてふわふわでかわいいハムスターを見ているだけで無茶苦茶喜んでいました。

そのうち触りたくなるのです。
これがハムスターはなかなか大変で、まず鉱物のひまわりの種で釣って手から食べさせて慣らすのです。

そこから徐々に手の平の上に乗って来るようにもってくるのです。ハムスターによっても違いますが、手の上に乗ってくれるませ数日~1週間ほどかかります。

さて、手の上に乗ってくれたら、念願の触る、ということができます!ハムスターの毛は、特に若いころはふわふわでなでるととても気持ちいいのです!

しかし、ここからがまたハムスターを飼う難しさです。
きっとハムスターにとっては、なでられるということがあまり好きではないのでしょう。

ひまわりの種を食べ終わるか、口の脇にあるポケットに入れてしまうと、もうたいていのハムスターは、そわそわし始めます。
早く小屋に帰りたいのが丸わかりです。
ころころ手の上で走り出します。

しょうがないから、しばらくしたら小屋に戻してあげます。
このようにハムスターは、スキンシップという点では物足りないペットかもしれませんが、動作そのものが面白いので、見ているだけでもけっこう楽しいです。

一番楽しかったのは、夏場に回し車の中でお腹を上にしてだら~と寝ていたときです。家族で爆笑しました。
こうして我が家では、子どもの成長とともに合計9匹のハムスターを代々飼いました。

それぞれが死んじゃったときは悲しかったですけど、子どもたちにも命の勉強になったと思います。