ネザーランドドワーフはご存知ですか?
ピーターラビットのモデルとなったうさぎです。カラーリングも色々あり、茶色からオレンジ、ホワイトと沢山種類がいます。

そんな中、一目惚れしてお迎えしたオレンジの毛色をしたネザーランドドワーフうさぎについてお話したいと思います。
そのお話の中で特にあげたいのが、飼い主に懐くとうさぎの個体にもよりますが、ペロペロと手を舐めてくれる子がいるということです。

元々メスを購入したので、あまり懐かないだろうなぁと思い、日々ご飯をあげたり、部屋の中で散歩させていました。なでてほしそうなときは頭をなでなでするともぐもぐと小さく気持ちがいいよと歯ぎしりをしてくれます。

私はそれだけで幸せでした。最初は距離が遠く、リラックスする姿勢もぎこちなかったですが、どんどん徒歩手の届く距離にまで近寄り、隣でごろんと横になられたときはほんとに可愛くて仕方ありません。

更に、なでなでをたくさんしてあげるととうとう、ある日、ぺろり、と指を舐めてきたのです。うさぎにとって指を舐めるというのは親愛の情と言われるくらい貴重なものです。

お母さんうさぎが子うさぎにペ、仲間同士で毛繕いしたりするときによく舐めるそうですね。
人間の手なんて毛がほとんど生えていないのに舐めてくれるのです。これほどかわいいものはないですよね。

最近は舐めると飼い主の撫で撫でが加速するとわかっているのかして、よく舐めるようになってきました。
もっと一緒にこのこと居ることができたらいいなと日々思います。