我が家には猫2匹に超大型犬のバーニーズマウンテンドッグと超小型犬のロングコートチワワの四頭がいます。みんなそれぞれになにかと病院のお世話になってはいます。

なかでも一番お世話になってるのがバーニーズマウンテンドッグ。人懐っこく、誰にでも愛想のよい子で、病院も大好き。病院へ着くと早く診察台に乗りたいーっと意気揚々としています。たぶんあとのご褒美のおやつが楽しみなんだとは思いますが。

この子はなんでも飲み込んでしまう子で、一度は嘔吐から始まり、緊急で病院にかかったところ、異物誤飲による腸閉塞との診断。手術して、異物を取り出してもらい元気になりました。

この時から異物誤飲にはとーーーっても気を遣っていました。なのに、です。チワワが避妊手術あとに、動物病院お手製のエリザベス服を着ていたんですが、首元に結んでたガーゼを遊んでいる最中にほどいてしまいました。

危ない!と取り上げようと思ったら、ワンコも取られる!と思ったのか、慌ててごくん!

時間は朝8時!動物病院が開くのはあと一時間先。早く時間よ進め!と願い、9時に病院へ。催吐の注射をしていただきましたが、嘔吐はするもののガーゼは出てこず。



このまんま排泄されるのを待つか悩みましたが、一度は手術を受けた身体。また閉塞を起こしては大変と、別の大きな病院へいって、内視鏡をしていただくことにしました。すぐに入院して、夕方のお迎えと言われました。

16時過ぎに先生からのご連絡。内視鏡で見える範囲には見当たらず、そのまんまCTへ。結局、ガーゼらしきものは随分下降してるとのことで、様子を見ることにしたとのことでした。

そして、夕方18時にお迎えにいったところ、先生から先ほどウンチと一緒にでてきましたよーと。元気に尻尾をふってるワンコの顔見て、涙が出てきました。

本来なら必要のなかった全身麻酔による内視鏡とCTだったのかなとは思いますが、これも無事に排泄されたから言えること。


大きいけれど、甘えんたのバーニーズ。なんでも食べちゃう困ったさんですが、大事な大事な我が家の家族。何か言えるわけではないので、何かあるとすぐ病院に行って調べてもらうようにしています。

最初にかかった病院で、病院嫌いにならないようにと、自由に病院の中を歩かせてもらったり、先生や看護師さんに撫でてもらったり、ご褒美もらったりで、注射や耳掃除は嫌いだけれど、病院にはご機嫌で行ってくれます。

本当にいい病院に出会えてよかったと思います。