我が家で最初に飼っていたペットは小型犬でした。ペットショップで見かけた時はコーカップに入るぐらいの大きさで、とてもかわいかったのを覚えています。

ですが、育て方を間違えたのか、躾の仕方を良くわかってなかったのか、我が家の暴君は噛みつきました。撫でていると唸る。餌をあげていると唸る。非常に難儀しました。

困った事に自分からかまってくれと足でこちらにちょっかいをかけたり、遊んでくれとドタバタと暴れたりして、こちらが構ってあげた場合でも噛みついてくるのです。

これには非常に困りました。ひどい時になると祖母を自分より下に見ていたのでしょうか、祖母が歩くだけで威嚇してくる事もありました。

私も普通に噛まれたので今でも腕にうっすらと噛まれたあとが残っています。ですが、私が小学生の時からの付き合いでしたし、外見はまるでぬいぐるみのようでしたし、家族は皆、自分なりにかわいがっていました。

我が家の暴君は13,4年で亡くなりましたが、とても悲しく大人になって久しぶりに大泣きしたのを覚えています。

その後に拾ってきた猫を飼っていたのですが、この猫が虐待でも受けていたのでしょうか、とてつもなく臆病でした。まず、なにかのひょうしに鳴くと、やばい、やってしまったって感じで部屋の隅に逃げ出しましたし、上から撫でようとすると逃げ出していました。

そんな臆病な猫でしたが、なぜか私とは相性が良く、私にだけは自分から抱っこされにきたり、かまってくれと遊びたそうにしてきました。

我が家にきた当初に私だけが、あまりかまわないで傍にきた時だけ遊んであげていたので、こいつは無害だと思われていたのかもしれまん。

ある日、家に帰ると普段はうんちを専用の場所にしているのですが、ドアが風で閉まって閉じ込められてしまったのでしょう、我慢できないで、部屋の絨毯の上にうんちをしてしまっていました。

それを見られたと思った瞬間に走りまわり、わずかに開いていた網戸をこじあけて2階からダイブ、そのまま行方不明に・・

かなり探しましたが、見つかりませんでしたが、誰かに拾われてくれていればなと今でも思っています。

今はペットを飼ってませんが、一癖も二癖もあるペットたちでしたが、とても楽しく一緒に過ごせて良かったと今でも懐かしく思います。