愛犬は只今3歳半。以前のワンコと同じ犬種です。

前の犬の時にお世話になっていた獣医さんは、とてもフレンドリーだったのですが、とにかく大雑把で、検査もあまりしないでドクターの見解のみで病状を判断していたので、結局ガンが見つかった時には手遅れでした。

その経験があって、現在の病院に変わったのですが、こちらはとにもかくにも検査と診察。

でも今のワンコは前の犬のように後悔したくなかったので、ペピィの頃からずっとこの病院1本でした。多少検査代や治療費が高くても他に移ろうとは考えませんでした。


ところが、昨年末、1年に1度のワクチン接種に行った時のことです。愛犬の主治医が現在産休のため、初めてのドクターにお願いしました。

診察の前に看護師さんが「7種と10種のワクチンがありますが、どちらにしますか?」と聞くので、「うちのコは体も小さいし、食物アレルギーもあるので7種でいいです」と答えたのです。

すると、すぐに初めて見るドクターがやってきて、「7種のワクチンは今切れているんです。草むらとかによく入るとお聞きしたので、10種をお勧めします」とのこと。


少し不可解な気持ちもしたのですが、また出直すのも面倒と思い、10種を打ってもらったのです。

すると、その日の夕方、外出から戻ってくると、愛犬の様子が明らかにおかしいのです。

後ろ足を突っ張るようにしてガタガタ震えています。体を触ると「キャン!」と痛がります。

じきに夕方の診察が始まる時間だったので、愛犬を自転車に乗せて再び病院へ。受付で事情を話すと、診察が始まると早めに観てもらえました。


でも、「歩くのは普通に歩けるようですから、よくあるワクチンの副作用です。

しばらく様子を見てください」と言われ、再診料540円支払って家に帰りました。幸いにも次の日には回復していてホッとしたのですが、明らかにうちの犬にとっては強すぎるワクチンだったんだと思います。

それにしてもなんだか全く納得が出来ず、仲の良いワンコ友達にその話をしましたところ、なんと、彼女も同じ病院で同じ経験をしていたのです。

やはり「7種のワクチンは切れている」と言われて、10種を打って帰る途中にワンちゃんがキャンキャンとすごい声で鳴き出し、驚いた彼女が病院に電話をすると「様子を見てください」との返事だったそうです。


彼女の愛犬も翌日には体調が戻ったそうなのですが、もうそうなると、その病院には不信感しかありません。

今産休中のドクターも、我が家の愛犬のアレルギーの原因がなかなかわからなかったりしたけれど、性格の良さそうな方で好きだったのですが、今、違うドクターで明らかに儲けのことしか考えていないようなことをされてしまうと、真剣に違う病院を探さなければと考えています。

たった1度のことです。でも、ワンコの命はひとつです。ドクターにとってはたくさんの顧客の1頭かもしれませんが、私達にとってはかけがえのないひとつの命です。

この病院には任せられないと、たった1度のことで思ってしまいました。