うちの猫は基本的には室内で飼っているんですが、外に出たがるので、日中は天気が良ければ出してあげることが多いです。

そのため、天気が良くて外出しようとした際に、玄関を開けたらうちの猫が外へ飛び出したので、いつものように夜には帰ってくるだろうと思っていたが、帰ってくる気配がなく、一日待っても帰ってきませんでした。

住んでいるところが田舎なため、近所によく野良猫やイタチ、たぬきなど野生の動物もいて、たまにどこかで喧嘩してきたであろう怪我はありました。


また、一日帰ってこない日もあったため、猫部屋だけ少し扉を開けて待っていましたが、全く帰ってこず、1週間が経ちました。1週間後に昼間外から猫の鳴き声がして、外を見てみるとうちの猫が帰ってきていました。

玄関の扉を開けると、すぐに家の中に入り自分の布団の上で震えながら丸くなっており、食欲も一切ありませんでした。

うちの猫は基本的に、外に出ても臆病な性格なので、ウロウロする範囲が限られてきます。しかし、居なくなった日に普段みない大きな犬がウロウロしていました。

そのため、その犬に追いかけられて逃げていくうちに、知らないところに彷徨ってしまって、犬から追いかけられた恐怖と知らないところということで、怯えていたのだと思います。


食欲もなく、怪我もしていたため、すぐに病院に連れていくと、原因は強いストレスの可能性が高いと言われたため、それが原因だと考えました。

それから、食事を与えたりするものの、食が細くなっているため、毎日病院に連れて行き、点滴をしてもらいました。

普段は抱っこされるのが嫌いなため、抱っこすると怒って爪を立てたりする子ですが、この時期は抱っこしても大人しく、抵抗も一切ない状態で元気もありませんでした。

それらをずっと繰り返していくうちに、外に散歩に出かけるようにはなったけど、まだ食が細かったこともあったため、スポイドで餌を与えるなどしたり、点滴を繰り返し行ったことで、今では元気に庭を駆け回っています。


その後、傷の状態や、猫ちゃんの状態を見せるために病院に連れていくと、元気も戻っていったため、いつものように抱っこされると抵抗したり暴れて、病院に連れていくときも、連れていった後も獣医さんなども困らせてしまうくらいまで、回復することが出来ました。

しかし、弱っているときに病院に連れていく際には、抵抗をしなかったりしたため、猫自身もここ(病院)はげんきにしてくれるところと認識があったのではと思うくらいでした。