私は現在、3代目のうさぎを飼っています。

うさぎの魅力、それは何と言っても表現力がとても豊かな事。声帯が無いので犬や猫のように大きな声で鳴いたりはしませんが、鼻でぷぅぷぅ鳴いてみたり、体いっぱいで感情表現をしたり、毎日一緒に生活していると、無表情と言われがちですが、実は表情だって豊かな事。

どちらかといえば猫のように自由気ままで、だけどとっても甘えん坊でいたずら好き。まるで小さい子供です。

でも、そんなうさぎだからこその欠点は、自分の体調不良を隠してしまう事。だから、気付きにくいのです。毎日一緒に生活している中で、今日の体調や、ご飯の食べ方、トイレの内容など、毎日しっかり観察してあげなければならないのは、まるで人間の赤ちゃんみたいです。

そんなうさぎは私にとって、もはやペットではなく大切な子供。病気がきっかけで子供を諦めた時に、真っ先に思い浮かんだのが、初めて飼ったうさぎの事。

病気で早く亡くなってしまいましたが、私の人生で1番辛い時に寄り添ってくれたうさぎを、自分の一生の中で出来る限り一緒に家族として生きていきたいと思いました。

今日もいつものように部屋の中を元気に走り回る3代目の息子くん。見ているだけでこちらの心までうきうきわくわく弾みます。

自分もこんな風に、毎日をめいっぱい楽しんで、病気に負けずに精一杯生きたいです。

そして、私の人生を変えてくれたうさぎに少しでも恩返しをする為に、自分の家の子だけでなく、たくさんのうさぎさんに出会って、たくさん可愛がって、1日でも多く長く、うさぎとの生活を楽しんでいきたいです。