メタカムジェネリック Loxicom For Cat

猫のお薬, 関節炎・鎮痛剤

商品名メタカムジェネリック
商品名(EN)LoxicomCat0.5mg15ml
内容量1本15ml
商品コードUP04361
主成分 meloxicam 0.5mg/ml
メーカーメタカムジェネリック


メタカムジェネリックの症状について

猫の変形性関節症とは、骨と骨の間にある関節に炎症が発生し引き起こされる関節の病気です。
変形性関節症の原因としては、肥満や過度の運動、加齢による骨の老化、関節リウマチ等の基礎疾患、捻挫や骨折、膝蓋骨脱臼等による外傷が考えられます。

変形性関節症の症状としては、関節に痛みが発現する事により、動作が鈍くなる運動を嫌がる等の運動能力の低下や、関節が腫れる、変形する、動きが固くなる、歩行異常等が見られるようになります。

Loxicom,値段
Loxicom,猫用
メタカムジェネリックの作用と副作用効果

Loxicom(メタカムジェネリック)ForCatはNorbrook社より販売されている有効成分のメロキシカム含有のオキシカム系の非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)です。

本剤の有効成分であるメロキシカムは投与後約30分から60分で炎症の原因となるシクロオキシゲナーゼを阻害する作用がある為、抗炎症作用や鎮痛作用、解熱作用等の効果があり、主に変形性脊髄症や骨格筋障害、関節症等による炎症や痛みの緩和等の治療に用いられます。

本剤の副作用については、非ステロイド性抗炎症薬の典型的な症状として、一過性の食欲減退、嘔吐、下痢、血便、元気消失、腎不全等が報告されています。

本剤の注意事項については、生後6週齢以下や妊娠期間中及び授乳期間中の猫、ステロイド剤や本剤とは別の非ステロイド抗炎症薬、アミノグリコド系抗生物質、抗凝固成分等の併用は禁忌とされている為注意が必要です。

Loxicom,使用方法
メタカムジェネリックの使用方法(投与方法)

Loxicom(メタカムジェネリック)ForCatの投与方法としては、使用開始量と2日目以降の維持療法では基準量が異なります。
使用開始量については、猫の体重1kgに対して本剤6滴(0.1mg)を基準量とし経口投与します。

2日目以降の維持療法量としては、猫の体重1kgに対して本剤3滴(0.05mg)を基準量とし経口投与します。
このように使用開始量は維持療法量の倍の量を投与する必要があります。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
Loxicom錠
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

いつも動物病院でメタカムを購入していますが、同じ成分で同じ効果が得られるのであれば値段のお得なジェネリックでいいかなと思い購入しました。
愛猫の痛み止めとして使用していますが、ステロイド剤じゃないところがいいんですよね。

愛猫はステロイドの副作用が強く出てしまうので…。
因みにジェネリックでも副作用はなかったですし、痛み止めとしての効果もありましたので文句無しですね~!!これからはジェネリックも積極的に利用していこうと思います。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
Loxicom,注射

このページは犬猫のペット用お薬のメタカムジェネリックの効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。

このページの先頭へ