リマダイル 75mg | 犬猫医薬品比較《予防対策・感染駆除・各種ジェネリック》

犬のお薬, 関節炎・鎮痛剤

商品名リマダイル 75mg
商品名(EN)RimadylChewable75mg14Tablets
内容量1本14チュアブル
商品コードUP05301
主成分Carprofen 75mg
メーカーPfizer Animal Health


リマダイル 75mgの症状について

犬の関節炎とは、骨と骨の間にある軟骨が変形やすり減る事により、関節がスムーズに稼働しなくなり、動かす度に慢性的な痛みや関節部分に腫れを伴う病気です。
老犬や肥満の犬に多く見られる傾向にある他、好発犬種として、ラブラドールレトリバーやゴールデンレトリバー等の大型犬やポメラニアン等の小型犬が挙げられます。
症状としては、足を引きずるようにして歩く歩行困難や、階段の昇降を嫌がる、疲れやすい、散歩や運動を嫌がる等の運動能力の低下等が見られるようになります。

リマダイル75mg,チュアブル
犬,関節炎,薬
リマダイル 75mgの作用と副作用効果

リマダイル75mg(Rimadyl)はPfizer Animal Healthより販売されているアリルプロピオン酸分類の犬用の非ステロイド系消炎鎮痛剤です。
有効成分はカルプロフェンを含有しており、痛みや炎症の原因であるシクロオキシゲナーゼ2という酵素の整合性を阻害する働きがあり、投与後は痛みや炎症の鎮静作用や解熱剤としての効果がある為、主に関節炎や関節異形成、慢性炎症等の治療に幅広く使用されています。

又、有効成分のカルプロフェンはシクロオキシゲナーゼ2に対してのみ選択的に働きかける作用がある為、胃腸や腎臓の健康維持に必要なシクロオキシゲナーゼを阻害する事がない為、安全性の高い薬であり長期投与も可能な薬となっています。
本剤は犬が最も好むとされているビーフ風味のチュアブルタイプである為、嗜好性が高く簡単に投与する事ができます。

本剤の副作用としては極稀に、炎症性の腸疾患や嘔吐、軟便及び下痢等が見られる事があります。
注意事項としては、体重が2kg未満の犬、生後6週齢未満の犬、妊娠期間中や授乳期間中の犬への投与はできない為注意が必要となっています。

リマダイル75mg,価格
リマダイル 75mgの使用方法(投与方法)

リマダイル75mg(Rimadyl)の投与方法については、犬の体重1kgに対し、有効成分カルプロフェン4.4mgを基準量として、1日に1回から2回に分けて経口投与します。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
リマダイル75mg,25mg
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

うちの子はリウマチなので、いつも手足が痛いようで足を引きずりながら歩いています。
今回薬が切れたのですが、動物病院に行く暇がなく初めてインターネットで薬を注文しました。動物病院で購入している薬と同じ物があって助かりました。

又、驚いた事に動物病院で購入するのとインターネットで購入するのとではこんなにも値段に違いがある事です。動物病院は自由診療ですからね、今までぼったくられてたのかもしれないと思わずにはいられません。今後はインターネットで薬を購入しようと思います。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
リマダイル75mg,関節病

このページは犬猫のペット用お薬のリマダイル 75mgの効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。

このページの先頭へ