飼い始めて一週間で猫風邪に…。 | 人気ペット医薬品《最安値販売は個人輸入代行で格安》

コラム, 犬のお薬, 犬・猫の兼用タイプ, 猫のお薬

私は現在、3歳になるアビシニアンの男の子を飼っています。
飼い始めたのは、生後3か月の時。顔がとても綺麗で一目で気に入り、ペットショップで購入しました。

家に来てからの2日ほどは緊張からか、ケージからほとんど出てきてくれませんでしたが3日4日と過ぎるうちに次第にこちらの環境にも慣れ、ご飯もしっかり食べてくれるようになり、自分から私に近づいてきてくれるようになりました。

私も初めて猫を飼ったので、緊張していましたが、懐いてくれるようになり安心していたのです。

ところが飼い始めて一週間が経つころ、朝ご飯を上げる時からなんだか元気がないように見えたのです。
ご飯もいつもは綺麗に完食し、そのあとすぐにおもちゃに飛びつくような感じだったのですが、その時は、半分ほどご飯を残し、食べた後もぐったりと横になるばかりでした。

その様子が心配でネットで症状を調べたたのですが、よくわからず、鼻水やくしゃみ、発熱はなかったので少し様子を見ることにしたのです。
その日の夜になっても相変わらず食欲はなさそうでしたが、そのほかの症状らしきものは出ていなかったので、「明日も続くようなら病院に行こうかな」くらいに考えていました。

寝るときはいつも私のベッドや、座布団の上で寝ていたのですが、その日は不安もあったのでケージにペット用の暖房を入れ、その中で休ませることにしました。

 

201

 
次の日の、様子を見に行くと、なんと症状が悪化。たった一日でこんなに悪くなるのかと怖くなったほどです。

ぐったりしていたので耳の付け根あたりを触ってみると、昨日とは違いとっても熱い!
発熱していることはすぐにわかりました。そしてそれに加えて、目の内側の粘膜ぷっくりとが腫れていたのです。
痛いのか、涙も出ていました。

すぐに動物病院に電話し、症状を話し、病院に連れていくことにしました。その動物病院は、この子がペットショップにいた時から予防接種などを受けていたところで、飼う際にお店側から紹介されたところです。

幸いその日は平日の朝早い時間でしたので、待つこともなく、着いたらすぐに診察してもらいました。
電話で症状を話していたおかげで、先生もすぐに検査をしてくれ、その結果猫風邪と診断されました。

まだ、飼い始めて一週間ほどしか経っていないことを伝えると、猫風邪の潜伏期間は2日~10日程らしく、お店にいたときに感染したものではないかと言われました。

また、うちの子の場合は目の腫れはそこまで酷いものではありませんでしたが、酷い症状の子の場合は失明してしまうこともあるのだと教えていただきました。

昨日のうちから熱はなかったが食欲不振だったことを話すと、手で測っただけで熱があるかどうかを決めてしまうのは、素人判断で危険だと注意されました。

 

203

 

うちの子の症状は比較的軽めでしたが、目薬と飲み薬を処方され、注射を打たれました。
目薬は一日3、4回さすことと言われ、さし方は猫の頭を後ろからボールを持つように握り目を広げてさしてとアドバイスをもらい、飲み薬は、食事に混ぜて与えるか、注射器などで直接与えるようにと言われました。(焦っていたため薬の名前は思い出せません…)

約2週間分のお薬をもらい、必ず全部飲ませることと、使い切ったら完治したかの検査を受けに来てくれと言われました。
治療費は3000円ほどかかったと思います。

薬もおとなしく飲んでくれ、その後の検査でも完治したといわれ安心しました。
その後、3歳になる現在まで、風邪等は引くことなく元気に育ってくれています。

これが、私が体験した猫を飼ってからの一番焦った体験です。

このページの先頭へ