迷子のわんちゃんに遭遇 | 特価品多数の動物用医薬品を安心・安全の正規品通販個人輸入

コラム, 犬のお薬, 犬・猫の兼用タイプ, 猫のお薬

我が家には2匹の秋田犬と1匹のパピヨンがいます。
普段は5時半頃に3匹まとめてお散歩に行くのですが、その日は仕事が早く終わったので4時頃に3匹仲良くお散歩に行くことにしました。

会社から車で帰宅し、車で5分程行ったところにある河川敷までさんびきを車に乗せて出発しました。
到着してリードを装着。いつも住宅街の車通りの多い道での散歩なので、たまには広い道路ど道を思う存分走り回ったり匂いをくんくんするのもストレス発散になるのかなあと3匹を見てると感じます。

河川敷を端から端まで一周するのに約1時間程かかるのですが、その中間辺りで、3匹が一斉にわんわんわんっと勢いよく吠え始めました。
なんだろうと思い、川の砂利道の方を見ると何か動く物体が。

 

201

 
あれわんちゃんだと気づき、周りを見渡しても飼い主さんらしき人はいませんでした。
川に落ちちゃいそうなぎりぎりのもころを歩いていたので心配になり、近くに行ってみることにしました。
近づくも川辺を真っ直ぐ歩いていてひやひやしましたが、一向にこっちに来る気配もありませんでした。

バッグの中からおやつを取り出しカサカサ音を出して匂いで読んでみることにしました。
するとパピヨンの方に真っ直ぐ向かってきたのはキャバリアの男の子でした。おやつをみんなでお美味しそうに食べていましたが、飼い主さんを探しても見当たらず、リードもついていなかったので、逃げてきちゃったのかなとどうしようか迷っていました。

その時、ふとリードをみるとジャッキーと名前が書かれている下に電話番号が書かれてあったのです。
ジャッキー助かった〜と声をかけながら飼い主さんに電話をかけてみることにしました。
ジャッキーの飼い主さんがすぐに電話に出てくれて、さっき脱走してしまったとのことでした。
 

203

 
近くの河川敷の車で3匹の犬と待ってることを伝えるとあと10分程したら着くとのことでした。
バッグの中から予備のリードを取り出し、ジャッキーに装着して4匹のわんちゃんで車までお散歩することにしました。ジャッキーは人懐こくて3匹ともすぐに仲良くなってくれました。

車に到着してすぐにジャッキーの飼い主さんが来て、ジャッキーは大喜びでしっぽをフリフリ。
散歩に行こうとどあを開けてリードをつけようとしたらそのまま走って逃げて行ってしまったらしいです。

電話番号があったのですぐにジャッキーの飼い主さんに連絡できたことが非常によかったです。
そのあとすぐにうちの3匹のわんちゃんにも電話番号と名前を首輪に付けました。

このページの先頭へ