白内障治療薬シーナック

犬のお薬, 犬・猫の兼用タイプ, 猫のお薬

■商品名について
白内障治療薬 シーナック

■症状について
シーナックは白内障治療の点眼薬キャンCのジェネリック品で、犬にも猫にもお使いいただけます。
白内障は水晶体の酸化により目が白濁し、最悪の場合失明に至ることもある目の病気です。通常高齢のペットの病気とされています。水晶体の酸化は体内で作られる酸化防止剤カルノシンの不足により起こります。

高齢になるとこのカルノシンを体内で生成する機能が低下するため、カルノシンが不足し水晶体の酸化が進んでくるのです。
ペットは症状を訴えることができません。日頃からよく観察して、目の色が濁ってきた、歩く時にものにぶつかるようになったなどが見られたら、白内障を疑いましょう。

白内障は早期に発見して、早期に治療を始めることで悪化を防ぐことも可能です。また、シーナックは白内障の治療薬として有効ですが、白内障予防としてもお使いいただけます。シーナックでペットの目の健康を守ってあげましょう。

 

 

■商品の効能・効果と副作用について
シーナックにはNアセチルカルノシンが含まれています。これは白内障の治療薬キャンCに含まれているものと同じ成分で酸化を防止します。白内障は高齢等により体内の酸化防止剤カルノシンが不足するため起こる病気です。

このNアセチルカルノシンを含むシーナックを点眼することによって、眼球に酸化防止成分が与えられ、水晶体の濁り解消の効果が期待できるのです。シーナックはけい酸カルボキシメチルセルロースとグリセリンを主成分としており、ドライアイを防ぐ効果もあります。また目の痒みをやわらげる効果もあります。

シーナックは白内障の予防薬としてもお使いいただける目薬ですが、ペットの様子がおかしい、白内障かな、と思ったら、まずは獣医師にご相談ください。獣医師の指示のもと、ペットの健康を守るために適切な処置をしてあげましょう。

 

 

■使用方法(服用・投与方法)
シーナックは6か月間は1日2回、朝夕、両眼に1滴ずつ点眼、7か月目からは1日1回、両眼に1滴ずつ点眼してください。
シーナックの使用に際し、獣医師に相談の上、指示に従ってご使用ください。
ご使用中に異常が現れた場合は、すぐに獣医師にご相談ください。
開封後は冷蔵庫保管をおすすめしております。

■商品のレビュー・購入後の感想
白内障で病院で目薬を出してもらっていたのですが、あまり効果があるように思えず。いろいろ調べているとキャンCという点眼薬があるということを知り、またそのジェネリック品もあるということで購入しました。見えるようになっているのかどうかはわからないのですが、前よりよく動くようになったのでもしかしたら、改善しているのかもしれないと思っています。これで少しでも改善できたらうれしいです。

このページの先頭へ