疥癬皮膚病治療薬のペルメトリンクリーム

その他, 犬のお薬

■商品名について
疥癬・皮膚病治療薬 ペルメトリンクリーム

 

■症状について
ペルメトリンクリームは、犬の疥癬(ヒゼンダニ感染による皮膚病)を治療するお薬です。
犬疥癬は犬の皮膚にヒゼンダニというダニが寄生することが原因で発症します。ダニは皮膚に付着すると、角質層に穴をあけ住みつき卵を産みます。ダニが住みつくと、激しい炎症反応が起こります。この炎症反応が犬の疥癬といわれるものです。

疥癬の症状として、まず、フケ・発疹などがあります。目の周りや耳、ひじなど毛の薄い部分、皮膚のやわらかい部分に赤いプツプツができて、ひどい痒みを感じます。あまりの痒みで皮膚に傷ができるほどはげしく掻いたりする犬もいます。掻きすぎて毛が抜けたり、かき傷の傷口が化膿することもあります。
疥癬を放っておくと、全身に広がりさらに激しい痒みに襲われます。痒みからくるストレスで食欲がなくなったり、他の病気になって重症化してしまう犬もいます。

ヒゼンダニは接触することで感染します。感染している犬との接触はもちろんですが、感染した犬から落ちたヒゼンダニがいる場所で感染するケースも大変多いです。
感染力が高く、多頭飼いの場合、1頭が感染すると他の犬にも感染する可能性があります。感染している犬とブラシや、首輪を共用している場合にも感染の危険性があります。

 

■商品の効能・効果と副作用について
ペルメトリンクリームはピレスロイド系の殺虫成分ペルメトリンを含む皮膚用のクリームでエリマイトクリームのジェネリック品です。ヒゼンダニ感染の治療、ダニが原因となる皮膚病や疥癬の治療薬として使われています。
ペルメトリンはノミ取り首輪などにも使用されている殺虫成分で、シラミ・ノミ・マダニ・ダニに効果があるとされています。

ペルメトリンは効果の高い治療薬で、1度の使用で改善が見られたという報告もありますが、人体への毒性はきわめて低いとされています。
ペルマイトクリームの副作用として、湿疹・下痢・嘔吐があります。
使用中に過敏な反応が見られたら、すぐに使用を中止してください。


■使用方法(服用・投与方法)

ペルメトリンクリームはクリームタイプで局所的にお使いいただけるお薬です。
直接皮膚の患部に塗りこんでください。1度の使用で効果がありますが、効果が現れない場合は1週間後に再び使用してください。
傷のある場所には塗らないように注意してください。

使用後、8~14時間後にシャワーなどでクリームを洗い流してください。
妊娠・授乳期の犬には使用しないでください。
また、他の薬と併用する場合は、必ず獣医師に相談してください。
ペルメトリンクリームで改善したように見えても、ダニの卵が残っている場合もあります。使用の中止は獣医師とご相談ください。

 

■商品のレビュー・購入後の感想
お散歩の時にダニがついてしまったらしく痒がってかわいそうなくらいでした。なんとか痒みをとってあげたくて、犬友ママにきいてみたらこのペルメトリンクリームを教えてくれました。しばらく続けているうちに、だいぶん掻かなくなってきたのでほっとしました。ジェネリックなのでお値段も手頃なのがうれしいです。

このページの先頭へ