犬猫用薬のリンコマイシン系抗生物質のクリンベット

犬のお薬, 犬・猫の兼用タイプ, 猫のお薬

商品名クリンベット25mg
商品名(EN)ClinvetOralSolution
内容量 1本20ml
商品コードUP01147
主成分クリンダマイシン25
メーカーシプラ(Cipla)


クリンベット25mgの症状について

クリンベットは、肺炎球菌や感染治療、歯性感染(虫歯や歯周病が原因となり炎症が周囲の組織まで及ぶ疾患のこと)や骨髄炎(骨髄に細菌が入り炎症や化膿を引き起こす)などの治療に用いられる、動物用医薬品の抗生物質です。

主成分にはクリンダマイシンを含有しています。

クリンベットの働きとしては、細菌の繁殖を停止させるためにタンパク質の増加および合成を停止させ、すでにいる細菌を死滅させます。

アンチローブと同じ成分ではありますが、クリンペットは経口液剤なため固形のお薬が苦手なペットにおすすめできるお薬です。

格安,購入,通販,ペット薬
個人輸入,輸入代行,有効成分,Yahoo
クリンベット25mgの作用と副作用効果

主成分であるクリンダマイシンが、タンパク質の構成を妨害します。
傷の化膿や炎症などの感染治療に効果を発揮します。具体的な例としては、骨まで炎症が達してしまう骨髄炎や歯性感染などが挙げられます。

副作用としては、まれに嘔吐や下痢、吐き気などが見られる可能性があります。これらの症状が現れた場合は使用を中止するか、獣医師の診察を受けるようにしてください。

激安,最安値,処方,販売
クリンベット25mgの使用方法(投与方法)

まず前提として、病状により用法や用量は異なるため使用するには獣医師の指示に従うようにしてください。

犬への投与は、傷や歯性感染の治療の場合は体重1kgあたり2.5mgを12時間毎、骨髄炎の治療の場合は体重1kgあたり5.0mgを12時間毎に経口投与します。

猫への投与は、傷や歯性感染の治療の場合は体重2.27kgあたり1~2mlを24時間ごとに経口投与します。ただし、症状ごとに変動します。

投与前にはよくボトルを振ってください。
傷が完治しているように見えても、自己判断での使用中止は控え、獣医師の指示通りに投与してください。

アトピー性アレルギーがある動物に対しては慎重に投与してください。
20~25度程度の涼しい場所に保管してください。
妊娠中もしくは授乳中の動物に対しては、安全性が確立されていないため使用を避けてください。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
価格,症状,効果,獣医師
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

自宅で抗生物質を与えることができるのがとても嬉しいです。口の中の違和感で大変そうにしていた猫が日に日によくなってきました。
なくなったらまた購入するつもりです。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
楽天,amazon,ネット通販,ジェネリック

このページは犬猫のペット用お薬のクリンベット25mgの効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。

このページの先頭へ