犬猫の細菌性感染症 について

抗生物質・抗菌剤, 犬のお薬, 犬・猫の兼用タイプ, 猫のお薬

商品名リクセン600mg
商品名(EN)Lixen600mg
内容量 1箱7錠
商品コードUP02659
主成分セファレキシン
メーカービルバック(Virbac)


リクセン600mgの症状について

リクセンは、犬のブドウ球菌による皮膚感染症に効果がある抗生物質です。セフェム系抗生物質のセファレキシンを有効成分としており、おもに細菌性皮膚感染症の治療に用いられるお薬です。

症状を改善する作用としては、細菌性感染症を引き起こす原因となる病原性最近の増殖を抑えます。

感染症は、ウイルスや細菌、微生物などが何らかの原因によって異常に増殖することによって起こります。代表的なものにはインフルエンザなどが挙げられます。
特に外的要因により損傷が起こりやすい皮膚は感染症が発症しやすい場所の一つです。
膿皮症になり悪化すると痛みや発熱をも引き起こす可能性がありますので、早めの対策が必要です。

ビルバック社のリレキシペット・パラタブル錠と同じ成分です。

格安,購入,通販,ペット薬
個人輸入,輸入代行,有効成分,Yahoo
リクセン600mgの作用と副作用効果

配合されている有効成分のセファレキシンの働きにより、病原性細菌の増殖を抑え、細菌性皮膚感染症の症状を改善します。

副作用としては、軟便や嘔吐が確認されています。もしこれらの症状が現れた場合は使用を中止するか、獣医師の診察を受けてください。

激安,最安値,処方,販売
リクセン600mgの使用方法(投与方法)

体重40kgの犬猫には1回1錠を1日2回、体重20kgの犬猫には1回1/2錠を1日2回(1日1回1錠でも可)、体重10kgの犬猫には1回1/2錠を1日1回投与します。

症状ごとに目安とする期間は、犬の表在性皮膚炎は最低15日間、犬の深在性皮膚炎は最低28日間、猫の皮膚や感染症は5日間、尿路感染症は14日間です。用法、用量を守り使用してください。

使用する量や期間はあらかじめ獣医師の診察を受けた上で、指示にしたがって投与してください。説明書に記載されている用途以外での使用はしないでください。

体重1kg未満の子犬および週齢9週未満の子猫に対しての使用は避けてください。
保存する際は、直射日光や高温多湿の場所は避けてください。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
価格,症状,効果,獣医師
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

痒みがひどくなってきた時に使うのですが、このお薬を投与すると掻きむしりも減り、治りが早いと思います。
お薬も飲ませやすいので、投与は継続しようと思います。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
楽天,amazon,ネット通販,ジェネリック

このページは犬猫のペット用お薬のリクセン600mgの効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。

このページの先頭へ