犬のフィラリア予防薬ダイロハートプラスがおすすめ

コラム, 犬のお薬, 犬・猫の兼用タイプ, 猫のお薬

■商品名について
ジェネリックのフィラリア予防薬 ダイロハートチュアブル小型犬用

■症状について
ダイロハートチュアブル小型犬用はジェネリックのフィラリア症予防薬で、体重11kg以下の小型犬に適しています。
フィラリア症は、寄生虫の一種であるフィラリアが蚊に刺されることにより体内に入り込み、最終的に心臓や肺動脈に寄生する病気です。

心臓に大量のフィラリアが寄生すると血液が流れにくくなり、心臓の働きが弱まります。死に至ることもある恐ろしい病気です。現代では予防法が確立し、フィラリアは月に1回の予防薬で予防することができるようになりました。肩甲骨に垂らすタイプや錠剤、おやつタイプなどいろいろな予防薬が発売されています。

ダイロハートチュアブルはおやつタイプの薬となっていて、チョコレートフレーバーで味付けされています。おやつタイプの薬は、薬を飲むのを苦手とする犬には飲ませやすく、確実に食べてくれたことを確認できます。フィラリア予防は毎月規定量の薬を飲ませることが大切です。ダイロハートチュアブルは薬嫌いの犬には特におすすめできる薬と言えます。

 

 

■商品の効能・効果と副作用について
ダイロハートチュアブルはフィラリア症予防薬のトップブランド、カルドメックのジェネリック品です。
イベルメクチンとピランテルを有効成分としています。
イベルメクチンは寄生虫駆除剤として知られています。最近ではノーベル賞受賞の大村智先生の名前とともに「風土病の治療薬」として有名になりましたが、フィラリアの薬としては以前から知られているものです。

ピランテルも寄生虫駆除剤ですが、こちらはぎょう虫や回虫などの消化器に寄生する寄生虫に作用します。副作用が少なく効き目も良いので、広く使用されている駆除剤です。ダイロハートチュアブルはこれら2つの有効成分の相乗効果でフィラリアを予防するとともに消化器管内寄生虫の駆除が可能です。

1か月に1度投与することで、効果を発揮します。ダイロハートチュアブルはおやつのように簡単に食べさすことができますので、月に1回のおやつ(ダイロハートチュアブル)でフィラリアからペットを守ってあげましょう。

■使用方法(服用・投与方法)
ダイロハートチュアブル小型犬用は11kg以下の小型犬に適したサイズです。
1か月に1回、蚊が発生する前から終息するまで投与してください。飲み忘れたり、間があくと十分な効果が発揮できない場合がありますので、必ず1か月毎に投与してください。ご使用前に、フィラリア症に感染していないことを血液検査で確認した上でお使い下さい。

■商品のレビュー・購入後の感想
トイプーのココア君、幼稚園児の息子ととても仲良しでいつもくっついています。そこで困ったのが、病院で処方されたフロントライン。子どもが撫でまくるんです。だから探しました。そして見つけました。おやつみたいなお薬。これで子どもがさわっても安心です。ココアも満足してるみたいです。

このページの先頭へ