犬のダニ問題。 | ペット薬(犬の薬・猫の薬)が格安買える個人輸入代行

コラム, 犬のお薬, 犬・猫の兼用タイプ, 猫のお薬

昔、母方のおじいちゃんが中型の雑種犬を飼っていたのですが、山の中にある田舎の家の庭で飼っていたので、よく「マダニ」がくっついていました。

見たことある方はいるでしょうか、なんか黒くってパッと見ゴマのようで、ゴマにしてはでかいやつです。血を吸うダニなのですが、血をたくさん吸うとだんだん膨らんできてぷりっとした感じになります・・・。(気持ち悪い表現で申し訳ありません・・・)

わたしの家はそのころ動物を飼っていなかったので、遊びに行くたびに犬と遊んでいたのですが、なにか黒いのがついてるよ!とおじいちゃんに言うと手でぷちっと取っていました。

子供の頃だったので「おじいちゃんすごいね~」という感じでみていましたが、今だったらぞっとしてしまうと思います。
 

203

 
今、うちには室内飼いの小型犬がいるのですが、犬が若い頃はよく庭や公園など土や草むらのあるところを駆けずり回っていたので、時々目や耳の先あたり、皮膚の薄そうなところに小さいマダニがついていたことがあって、わたしはおじいちゃんから教わって知っていたのでさほどびっくりもせず、あれか~という感じでティッシュで取って捨てていました。

ダニにもいろいろいると思いますが、今は動物病院が充実しているのでダニ予防の薬(薬液を首筋につけるものだったと思います)もありますね。

何度か使ったことがありますが、そんなにしょっちゅうついてるわけじゃないことと、見つけて取ってしまえばかゆがったりもしていなかったので止めてしまいました。
 

201

 
今はもうおばあちゃん犬なので、そういうダニのつく遊びをしなくなってしまって、マダニもずいぶん見ていません。

大量についてしまう、または他のもっと見えにくいダニがついていたりすると、カーペットなどについて人間も刺されることもあるので、犬がやたらと体をかくな、と思ったらお薬をつけてあげたほうがいいと思います。

病院のものと比べて効果はどうかわかりませんが、ペットショップやホームセンターの別途用品売り場などにもダニ対策のグッズが売っています。

ちなみに、おじいちゃんの飼っていた犬は何歳だったか忘れてしまいましたが、当時としてはかなり長生きをしたらしく
町の動物協会のようなところから表彰状をもらっていました。

今でも田舎の家に行くと額に入れて飾ってあります。

すごく大切に可愛いがられていたので、里帰りで孫(わたし)がいたずらしても吠えたり怒ったりしない優しい犬でした。

このページの先頭へ