小さい体でたくさんのありがとう | 楽天・アマゾンより比較して犬猫薬を最安値で通販購入!!

コラム, 犬のお薬, 犬・猫の兼用タイプ, 猫のお薬

山梨県のとあるペットショップで購入したチワワちゃんについての体験談です。とても悲しい経験、初めての別れをこの子で経験しました。買った当時から体は小さく癲癇持ちでした。

それでも元気よく成長してくれてとても人懐っこく愛嬌あって誰にでも好かれるチワワちゃんでした。

10ヶ月を過ぎた頃、元気に走り回ってた姿は消え庭にも行かずぐったりする生活が続きました。口コミがとても良く選んだ病院で見てもらったら、んー風邪かな?とのこと。

血液検査をし薬をもらいその日は帰りました。様子を見る毎日が続き一週間が過ぎた頃、食欲は低下、一部触るとキャインと悲鳴をあげるような鳴き声、これはおかしい!と思いまた病院で見てもらいました。
その結果、以上はないんだけどね〜ご飯食べないから痩せちゃってね〜〜と無理やり注射器で缶詰を与えられました。

体重は1キロもなく、ガリガリでした。私はキャインと泣いた腹部のことはなにも触れてもらえなかったことに不信感を抱いたまま帰りました。

 

catdog20

 

その夜、キャインとなく声が続き癲癇が起きたので急遽でとっさに探した違う病院に連れてったところ、すぐに検査やレントゲン、病院らしいことをしてくれました。

話があると呼ばれ行った先には眠りについてる愛犬ティナちゃん。

今はまだ麻酔が効いてますからねと言われ一安心。お母さん覚悟して下さいね。

癲癇以外のこの症状はいつからですか?気づいてたのに病院行かずですか?と責められた私は涙が止まらなかったです。一から病院に通ったこともそこでの対応も説明しました。

すると、手術しなくてはなりませんね、まだはっきりとしたことはわかってないですが腸に問題があることは間違いないです。

手術でお腹をひらいてみて処置するしかありません。早い方がいいでしょうと言われ、頭が真っ白になりました。

 

でも遅かれ早かれこのままじゃと言われ手術することをお願いしました。

ただ、こんなに小さい体で手術の麻酔に耐えられるかどうかがリスクだと言われました。

でもこのまま麻酔が切れるたびに痛い思いをさせるのはと思い、次の日に緊急手術が決まりました。

最後の面会では私のそばを離れずあの不安そうな顔はいまでも忘れられません。
どれだけ帰りたかったか。私はいまでも後悔してます。
あの時連れて帰らなかったことを。
手術をしないで家にいる選択もありました。

 

catdog10
でも痛い思いをしながらなくなるのは私が見てられず一人寂しい思いをさせてしまいました。
未だにどちらが正しかったのかわかりません。
結果、腸にはあの病院で無理やり食べさせられた缶詰が詰まっていて炎症もあり手術は成功したものの、麻酔の強さに耐えられずなくなってしまいました。
最後まで頑張っていましたが意識はずっとなくうーうーと唸ってる姿を見て先生は全力は尽くしましたがと涙ながらお母さん、すいません。助けてあげられなくて。

と言われた時に、安楽死を進めてるんだなとすぐ思いました。私もボロボロに晴れた目をこすりながらもう頑張らなくていいよとそっと頭を撫でキスをし目を閉じたあげ先生、お願いしますと安楽死を選びました。

あのまま唸り続けて疲れ果て死ぬよりましだと思いました。
その夜は、綺麗にタオルで包みお花を添えた箱を隣に起き寝ました。

翌日お別れをし未だに骨とともにうちにいます。

ただただ私はあの一つ目の病院が憎くてたまりません。
もっと早くレントゲンを取っていれば。
もっと早く気づけていれば。

 

catdog07

 

物語の世界でおきるようなことを初めて経験し別れの辛さを知りました。
ペットではなかったですね、家族でした。

未だに思い出す日は涙がとまりません。
ありがとうティナちゃん。

出会う喜びも別れる辛さも
全部私に教えてくれた初めての子でした。

そんな体験をし、今は会うこともさわることもできない愛おしいティナちゃんの
好きだった人形に囲まれて
最愛の息子が隣にいてくれる当たり前の日々に感謝しています。

このページの先頭へ