保護した猫が病気でした | 動物用医薬品を業界最安値で格安購入!《一部配送料無料》

コラム, 犬のお薬, 犬・猫の兼用タイプ, 猫のお薬

年の瀬迫る年末、翌日から世間はお休み。私は2日間の出張を終えて駐車場に車を止め職場に入ろうと扉を開くと、何処からも無く猫が走って来て私よりも先にその猫が入って来ました。

同僚がこの猫2日前から人が入るタイミングで一緒に入って来て、しばらくしたら人が出ると同時に出て行くんです。首輪しているからどこかの飼い猫だと思ってそのままにしてました。

首にはラインストーンがたくさん付いた高そうな赤い首輪。首輪をとって確認するも身元がわかるような記名はありませんでした。
猫は女の子。

お腹の辺りがポッコリとしており妊娠してるようお腹が膨らんでいましがおっぱいに兆候がなく、お腹のお肉がタプタプした猫だなという感じでした。 

203

 すぐ側には車通りが多道路があり、何かあってはいけないと思い、先ずは飼い主を探しに直ぐに出掛けました。

職場はペットが飼えるマンションの一階、上階を一軒一軒回りました。

しかい殆どが不在。結局飼い主は見つからず。迷い猫のポスターを作成し地域の掲示板に張り出しました。
マンションの管理会社、保健所、に保護してる旨の電話をし、最寄りの交番にも猫を連れていき私が保護してる事を話しました。

そして猫を自宅に連れて帰りました。飼い主が見つかったという連絡も無く1月3日私が仕事を終え夜10時頃自宅に戻ると、ベッドにピンク色の直径2センチ位の血痕が100箇所位付いており、猫が隅の方でハァハァと激しい息づかいをしており動かず苦しそうでした。

時間も夜10時で、市内の動物病院全てに連絡するもつながらず、私も徹夜で猫を励ましなんとか朝を迎えました。

開診と同時に一番乗りで動物病院に入りました。

検査の結果、猫は推定生後10ヶ月、子宮蓄膿症に罹患している事がわかりました。

そう、お腹の膨らみは子宮蓄膿症の炎症を起こして腫れていた膨らみでした。獣医師から、今日手術をしないと大変危険な状態です。 

201

 持って3日前位。どうします保護してる猫ちゃんですよね?

今日去勢手術が入っていますが飼い主さんに連絡しずらしてもらい本日緊急でこの子を手術しますが。

私パニック。でも手術しないと死んでしまう。

決断しました、手術を。即入院し即手術。私は自宅待機。

その間に不動産管理会社、保健所、交番に連絡し迷い猫の飼い主から問い合わせあったか連絡するも答えはノー。夕方動物病院から手術は無事成功したと連絡がありました。

そして1週間猫は入院しました。病院費用12万円かかりました。

結局管理会社、保健所、交番に飼い主から連絡が無く、保護してから8年。猫は病気も全く無く今も元気に暮らしてます。

このページの先頭へ