リクセン|効能・副作用・格安ペット医薬品

抗生物質・抗菌剤, 犬のお薬, 犬・猫の兼用タイプ, 猫のお薬

商品名リクセン(Lixen)600mg
商品名(EN)Lixen600mg
内容量1箱7錠
商品コードUP02659
主成分Cephalexin 600mg
メーカーVirbac


リクセン(Lixen)600mgの症状について

犬の身体の表面には普段から細菌が住んでいます。そのような細菌を常在菌と言います。
普段は犬の免疫機能が正常に働いているため、菌の異常繁殖は抑えられているのですが、体良や薬剤の刺激などで免疫が低下しているとこれらの菌が異常繁殖してしまう場合があります。犬の身体で菌が異常繁殖してしまうと細菌感染症にかかってしまいます。

特に皮膚でノミやダニが寄生したり、真菌というカビがついてしまう、シャンプーなどが身体に合わずその刺激で皮膚が荒れてしまうなどして免疫が低下し、皮膚で細菌が異常増殖することによって膿皮症などの細菌性の皮膚炎を起こします。

症状が軽ければ患部が赤くなる、丘疹、膿包ができるくらいですが症状が進行し、患部が深くまで炎症を起こすと腫れや痛みが出てきて発熱などを伴うことがあります。

リクセン最安値
リクセン,セファレキシン
リクセン(Lixen)600mgの作用と副作用効果

リクセンにはセフィム系抗生物質のセファキシンというこう成分が含まれています。この成分が細菌の細胞壁を破壊する効果を発揮して細菌を死滅させます。
この成分は人体の細胞にはさようしないと言われており、抗生物質アレルギー以外には副作用はないということです。

膿皮症の他に尿路感染症などにも効果があると言われています。

リクセン,抗生物質
リクセン(Lixen)600mgの使用方法(投与方法)

ペットの体重1kg当たり15mgを1日2回に分けて与えるか、体重1kg当たり30mgを1日1回与えてください。
犬の皮膚炎の場合、軽度なら最低15日間、症状重い場合は最低28日間与えてください。
猫の皮膚疾患では5日間です。

尿路感染症では犬猫どちらも14日間が目安です。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
リクセン,Lixen
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

愛犬が膿皮症になってしまいリクセンを使用しています。
今日で服用させ始めて6日目になりますが毛が抜けて禿げてしまっていた部分に少し毛が生えてきました。

砕いて餌にまぜて与えることができるので犬もストレス無く薬を飲むことが出来ています。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
リクセン,皮膚感染症

このページは犬猫のペット用お薬のリクセン(Lixen)600mgの効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。

このページの先頭へ