メチマゾール 5mg| 効能効果・副作用・口コミ《ペット動 物薬価情報!!》

消化器官, 犬のお薬, 犬・猫の兼用タイプ, 猫のお薬

商品名メチマゾール 5mg
商品名(EN)TimazolTab (Methimazole)
内容量小分け発送
商品コードUP03561
主成分Methimazole 5mg
メーカーSriprasit Pharma
メチマゾール,猫,副作用


メチマゾール 5mgの症状について

犬の副甲状腺機能亢進症とは、喉の部分にある副甲状腺という器官から分泌される甲状腺ホルモンの作用が通常時と比べ過剰に分泌されることによって引き起こされる甲状腺の病気です。
副甲状腺ホルモンは別名パラトルモンとも呼ばれており、主に血中のカルシウム濃度を増加させる作用がある為、骨や腎臓などに悪影響をもたらせます。

副甲状腺機能亢進症の主な症状としては、通常時と比べ水を飲む量が増える、排泄尿量の増加、骨密度の低下などが挙げられます。
副甲状腺機能亢進症の主な原因としては、栄養バランスの悪い餌を継続的に摂取する事、腎臓や副甲状腺に異常があるなどが挙げられます。

メチマゾール,個人輸入代行
メチマゾール,ペット医薬品
メチマゾール 5mgの作用と副作用効果

メチマゾール(Methimazole)5mgはSriprasit Pharma社より販売されているチオ尿素化合物含有の放射性活性の無い内科的療法薬です。
本剤の有効成分であるチオ尿素化合物は過剰に分泌される甲状腺ホルモンを抑制する作用があり、主に甲状腺機能亢進症の治療に用いられます。

本剤の副作用については、食欲不振、嗜眠傾向、嘔吐、意気消沈、血小板減少、湿疹、掻痒感などが報告されています。
本剤の注意事項については、自己免疫疾患の症状や越駅細胞の障害がある犬、妊娠期間中及び授乳期間中の犬への使用は避けてください。
保管方法に関しては、25℃以下の場所で保管してください。

メチマゾール,作用機序
メチマゾール 5mgの使用方法(投与方法)

メチマゾール(Methimazole)5mgの投与方法としては、1日1錠を経口投与します。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
メチマゾール,チアマゾール 違い
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

今まで愛犬の餌にこだわったことは一度もなく、安さだけで選んでいましたが、やはりそれがいけなかったのか今年甲状腺機能亢進症の診断を受けてしまいました。
栄養バランスを見直し、処方されたメチマゾールを飲ませた所かなり症状が改善されたので、引き続き薬を飲ませています。
色々調べた結果、こちらのサイトで薬を購入した方が安いという事がわかりましたので今回はこちらで購入しました。
初めてのネットで薬を購入し、不安もありましたが迅速丁寧な対応で安心して購入することができました。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
メチマゾール,メルカゾール

このページは犬猫のペット用お薬のメチマゾール 5mgの効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。

このページの先頭へ