ベトメディン・フレーバー錠5mg | 犬猫の薬情報《効果・副作用・最安の口コミ》

拡張型心筋症, 犬のお薬

商品名ベトメディン・フレーバー錠5mg
商品名(EN)VetmedinChewableTablets5mg50tabs
内容量 1箱50錠
商品コードUP04684
主成分Pimobendan 5mg
メーカー Boehringer Ingelheim


ベトメディン・フレーバー錠5mgの症状について

犬の心筋症とは、心臓の筋肉に何かしらの異常が生じ、心臓の機能が低下してしまう心臓の病気です。
心筋症には左心室の筋肉が肥大し心室容量が減少する肥大型心筋症や、心筋が細く伸び薄くなる事で心臓の収縮力が低下する拡張型心筋症等があります。

肥大型心筋症の好発犬種としては、ジャーマンシェパードやポインター、ダルメシアン等が極稀ではありますがやや多く発症するといわれています。
拡張型心筋症の好発犬種としては、ドーベルマン、ボクサー、グレートデン、セントバーナード、アフガンハウンド等の大型犬や超大型犬に多く見られており、特にボクサーに関してはボクサー型心筋症と呼ばれるボクサーに多く見られる心筋症も存在します。

このように心筋症は、種類により分けられていますがいずれも発症の要因は解明されていない状況です。
心筋症の主な症状としては、元気消息や食欲不振、呼吸困難、腹水、咳、後肢麻痺等が見られるようになります。

フレーバー錠,バイトリルフレーバー錠
フレーバー錠,ウエストンフレーバー
ベトメディン・フレーバー錠5mgの作用と副作用効果

ベトメディン・フレーバー錠5mg(Vetmedin Flavour Tablets)はBoehringer Ingelheim社より販売されている有効成分ピモベンダン含有の犬用の強心性血管拡張薬です。
本剤の有効成分であるピモベンダンは筋細胞内の細胞収縮の感受性を上げる事により、新収縮力を向上させ血管内皮細胞内にあるフォスフォジエステラーゼⅢという酸素を抑制する事で血管収縮作用を抑制する作用がある為、主にうっ血性心不全の症状改善や僧帽弁閉鎖不全症や拡張型心筋症等の心臓病の治療に用いられます。

又、従来の強心配糖体と比べ非常に副作用が少なく優れた効果が期待されています。
本剤の副作用としては、食欲減退、体重減少、無気力、虚弱、運動能力の低下等が報告されています。
本剤の注意事項としては、生後6週齢以下や体重2㎏以下の犬や妊娠期間中及び授乳期間中の犬、重度の肝障害を有する犬には投与できない為注意が必要です。

フレーバー錠,フォルテコール錠5mgフレーバー
ベトメディン・フレーバー錠5mgの使用方法(投与方法)

ベトメディン・フレーバー錠5mg(Vetmedin Flavour Tablets)の投与方法としては、食餌の1時間前に、犬の体重1kgに対して有効成分ピモベンダン0.25㎎を1回量とし、1日2回を12時間おきに朝晩経口投与します。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
フレーバー錠,ベトメディン・フレーバー錠
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

我が家の愛犬は今年で12歳なのですが、高齢の為心臓が悪く毎日ベトメディンを飲ませています。
毎日のお薬なので、少しでもコストを下げる為に色々探していたところこちらのサイトにたどり着きました。
動物病院や他サイトと比較しても圧倒的に値段が安くいつも助かっています。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
フレーバー錠,ベトメディン

このページは犬猫のペット用お薬のベトメディン・フレーバー錠5mgの効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。

このページの先頭へ