プロパリンシロップ| ペット薬(犬の薬・猫の薬)が格安買える個人輸入代行

利尿剤, 犬のお薬

商品名プロパリンシロップ
商品名(EN)PropalinSyrup30ml
内容量 1本30ml
商品コードUP05447
主成分Each ml of product contains: Phenylpropanolamine (as hydrochloride) 40mg, Excipient QSP 1ml
メーカー Vetoquinol


プロパリンシロップの症状について

尿道括約筋の収縮剤フェニルプロパノールアミンの1種類で、シロップ状の動物用医薬品です。
プロパリンシロップは尿道括約筋の弛緩が原因で起こる尿失禁などの治療に用いられる動物用医薬品です。
Vetoquinol社で製造された薬品で、主成分はフェニルプロパノールアミン塩酸塩です。

尿失禁には幾つかの原因がありますが、その中の1つに尿道の流出抵抗の低下があるといわれます。

尿は血液中の老廃物で、一旦膀胱に貯留されてから尿度を通って排出されます。
膀胱は弾力性のある筋肉でできている臓器で、膀胱が収縮する事で尿を出したり、ためたりをします。
また、膀胱の出口にある尿道括約筋は尿を漏らさないようにしまっています。
尿失禁になると、尿道括約筋が弱くなってしまい、尿が漏れるようになります。

格安,購入,通販,ペット薬
個人輸入,輸入代行,有効成分,Yahoo
プロパリンシロップの作用と副作用効果

プロパリンシロップは避妊手術をした犬や高齢の犬に認められる尿失禁治療に有効とされています。
プロパリンシロップを服用すると、交感神経が刺激されて尿道が緩むのを改善します。

副作用として尿貯留、頻脈、高血圧、興奮、食欲不振、不安行動が現われる可能性がありますので、これらの症状が現れた場合にはすぐに獣医師の診療を受けるようにします。
また、副作用の程度によっては治療の継続ができない場合もあります。

激安,最安値,処方,販売
プロパリンシロップの使用方法(投与方法)

1回当たり体重1kgにつき1~2mgを3回に分けて口から投与します。
プロパリンシロップは投与する場合には、口から投与できますので食餌に混ぜてから投与するようにします。

プロパリンシロップを投与する前には必ず獣医師の診療を受けて、獣医師に指示された用量や方法を守るようにします。

他の交感神経刺激薬との併用はしないようにします。
モノアミン酸化酵素阻害薬を服用している場合は、プロパリンシロップを投与する際には獣医師に相談してから服用ようにします。

血圧や心拍数をはじめとした心循環器系に影響を及ぼす可能性がある為に、心循環器に病気を持つ場合には使用に注意が必要です。
また、腎臓や肝臓の機能の低下や糖尿病、副腎皮質機能亢進症、緑内障、甲状腺機能亢進症などが認められる場合は、使用に注意が必要です。

1歳未満のメス犬の尿漏れの場合には、尿漏れの原因が奇形にある可能性もあるので、動物病院で獣医師の診療を受けてからプロパリンシロップを使用するようにします。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
価格,症状,効果,獣医師
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

尿失禁をしていたが、飲んだその日から失禁がなくなりました。
獣医から購入する半額位の値段で購入する事できるので助かります。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
楽天,amazon,ネット通販,ジェネリック

このページは犬猫のペット用お薬のプロパリンシロップの効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。

このページの先頭へ