フロリネフ 0.1mg【1本100錠】(アジソン病治療薬)

アジソン病, 犬のお薬

商品名フロリネフ 0.1mg
商品名(EN)Florinef
内容量1本100錠
商品コードUP00930
主成分Fludrocortisone 0.1mg
メーカーAspen


フロリネフ 0.1mgの症状について

犬におけるアジソン病とは、腎臓の上部にある副腎より分泌されているアルドステロンやコルチゾールなどの副腎皮質ホルモンが不足する事により発症する病気です。

アジソン病の原因としては、手術による臓器の摘出や出血、腫瘍などによって副腎皮質ホルモン量が減少する事や、ステロイド剤の投与により副腎皮質ホルモンと同一の作用の止める事、副腎皮質機能を低下させる治療薬の投与により発症する事がわかっています。

主な症状としては、食欲減退や身震い等の身体の震え、下痢や嘔吐、体重減少や喉の渇き、頻尿、元気がなくなる、散歩を嫌がる等の運動能力の低下等があります。

フロリネフ,値段
フロリネフ,アジソン病
フロリネフ 0.1mgの作用と副作用効果

フロリネフ(Florinef)0.1mgはAspen社より製造販売されている酢酸フルドロコルチゾンを含有したアジソン病の治療薬で、ステロイドホルモンの一種の合成鉱質コルチコイド剤です。
本剤はステロイドホルモンの一種であり、特に塩類代謝作用が強く、体内のナトリウム分である塩分を増やし血圧を上げる作用がある事からアジソン病によって体内の塩分が不足している際に投与します。

又、本剤は人用の医薬品としても販売されていますが、犬におけるアジソン病にも効果を発揮する為、動物用医薬品としても使用されています。
本剤の副作用としては、食欲減退や嘔吐、下痢や喉の渇き等が報告されています。

注意事項としては、本剤を投与するにあたり、定期的に血液検査を行い、電解質やBUN・Creの検査を行うようにしてください。
又、本剤とは別に他の医薬品を投与している場合、相互作用を引き起こす可能性がある為本剤を投与する際には獣医師へ相談する必要があります。
本剤の保管方法としては、必ず冷蔵庫に入れて保管してください。

フロリネフ,使用方法
フロリネフ 0.1mgの使用方法(投与方法)

フロリネフ(Florinef)0.1mgの投与方法としては、犬の場合体重2.5㎏以上5kg未満の場合本剤を1錠投与します。
1日の投与回数については、通常1日1回ですが、可能であれば本剤の1回量を半分に分割して1日2回に分けて投与する事が望ましいとされています。

アジソン病の治療薬として本剤を投与する場合、通常であれば毎日欠かさず投与する必要があります。
しかし、犬の体重や病状によって本剤の用法容量が異なる為、本剤を投与する際には必ず獣医師の指示に従ってください。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
フロリネフ,効果期間
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

8歳のミニチュアダックスを買っています。5歳の頃よりアジソン病を発症し、それ以来毎日フロリネフを服用しています。

ずっと動物病院にて薬を処方されていたのですが友人にネットで買った方が安いと教えてもらいこちらで購入するようになりました。
同じ薬なのにこんなに安いなんて驚きです。これからもよろしくお願いします。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
フロリネフ,用量

このページは犬猫のペット用お薬のフロリネフ 0.1mgの効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。

このページの先頭へ