フルオメトロン点眼液 | 犬猫薬(副作用・効果),薬価《通販の個人輸入で格安購入》

犬のお薬, 耳のケア

商品名フルオメトロン点眼液
商品名(EN)Flarex0.1%
内容量1本5ml
商品コードUP00517
主成分Fluorometholone Acetate 0.1%
メーカーAlcon-Laboratories


フルオメトロン点眼液の症状について

犬の結膜炎とは、眼球の白目から瞼の裏側を覆っている結膜に炎症が発現し引き起こされる病気です。
結膜炎の原因としては、花粉や粉じん、シャンプーやゴミ等の異物の侵入、ジステンパーウィルスやレプトスピラ症等の感染症、ドライアイや緑内障、アトピー性皮膚炎等の基礎疾患等があげられます。

又、症状が両目に出ている場合は感染症やアレルギー等による基礎疾患の疑いが強く、症状が硬めに出ている場合は異の侵入である事が殆どです。
結膜炎の症状としては、目の痛みや痒みにより犬は四肢や床、壁に目を擦り付ける事や白目の充血、涙の過剰分泌、まばたきの回数が増える、眼球の腫れ等がみられるようになります。

フルオメトロン点眼薬
フルオメトロン,花粉症
フルオメトロン点眼液の作用と副作用効果

フルオメトロン点眼液(Flarex)0.1%はAlcon-Laboratories社より販売されている有効成分フルオロメトロン含有の抗炎症ステロイド点眼剤です。
本剤の有効成分であるフルオロメトロンはステロイド剤である合成副腎皮質ホルモン製剤の一種で、優れた抗炎症作用や抗アレルギー作用をもち、外眼部及び前眼部における、眼瞼炎、結膜炎、角膜炎、強膜炎、上強膜炎、虹彩炎、虹彩毛様体炎、ブドウ膜炎、術後炎症等の炎症性疾患の治療に用いられます。

又、本剤は合成副腎皮質ステロイド剤であるものの局所専用である事から従来の副腎皮質ステロイドに比べて眼圧への影響が極めて少ないとされています。
本剤の副作用としては、本剤の投与後に眼に痒みや痛み等の刺激感や充血、発疹等が一時的に見られる事があります。

本剤の注意事項としては、妊娠期間中及び授乳中の犬への安全性が確立されていない為、投与は控えるようにしてください。
又、薬液汚染防止の為、点眼時に容器の先端が直接目に触れないように注意し、本剤の開封後は空気中の雑菌が薬剤に入り込む事や酸化する恐れがある為、本剤の開封後は30日以内に使い切るようにしてください。

フルオメトロン,市販
フルオメトロン点眼液の使用方法(投与方法)

フルオメトロン点眼液(Flarex)0.1%の投与方法としては、本剤を良く振り通常1回につき1滴から2滴を1日2回から4回点眼します。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
フルオメトロン,目薬
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

動物病院で購入するよりも値段がはるかに安いので、今回で2度目の購入です。
ドライアイの愛犬シーズーに使用しています。
フルオメトロン点眼薬を使用すると、愛犬の眼の白濁が良くなり効果を実感しています。
今後もよろしくお願い致します。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
フルオメトロン,クラビット

このページは犬猫のペット用お薬のフルオメトロン点眼液の効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。

このページの先頭へ