フォルテコール 20mg| 犬猫薬(副作用・効果),薬価《通販の個人輸入で格安購入》

心疾患・腎疾患, 犬のお薬, 犬・猫の兼用タイプ, 猫のお薬

商品名フォルテコール 20mg
商品名(EN) Fortekor20mg チバセン錠(ノバルティス)タツジピン錠(辰巳)ベナゼップ錠(沢井)
内容量1箱28錠
商品コードUP03687
主成分benazepril hydrochloride 20mg
メーカーノバルティス(Novartis)


フォルテコール 20mgの症状について

愛犬が、近ごろ疲れやすく大好きだった散歩や運動を嫌がるようになった、夜中に咳をするようになった、体重が減少した、腹水が目立つ、呼吸困難や湿疹が見られる等の症状見られる場合、僧帽弁閉鎖不全症という病気が疑われます。

僧帽弁閉鎖不全症とは、心臓内にある僧帽弁という弁の機能が低下もしく停止し、心臓内で血液が逆流してしまう心臓の病気です。
僧帽弁閉鎖不全症の原因としては、未だ解明されていないのが現状です。

しかし、キャバリアキングチャールズスパニエル、ヨークシャテリア、マルチーズ、シーズー等の小型犬に比較的多く見られる病気である為、遺伝的要因があるのではないかと考えられています。

フォルテコール,猫,腎不全
フォルテコール,価格
フォルテコール 20mgの作用と副作用効果

フォルテコール(Fortekor)20mgはノバルティス社より販売されている有効成分塩酸ベナゼプリル含有の犬猫兼用のアンジオテンシン変換酵素阻害薬です。
本剤の有効成分である塩酸ベナゼプリルは血管収縮や心臓肥大、体内の不要な塩分や水分が腎臓へ貯留するのを防ぎ、腎臓や心臓の負担になる血管収縮や心筋収縮増強、腎臓糸球体内圧上昇を改善する作用があります。

その為、犬へ投与した場合には僧帽弁閉鎖不全症、猫へ投与した場合には慢性腎不全、心筋肥大症の治療に用いられます。
本剤の副作用としては、一過性の食欲不振、虚弱、嘔気等が見られる事が報告されています。
本剤の注意事項としては、有効成分である塩酸ベナゼプリルのアレルギーを持つ対象動物への使用や、利尿約や血管拡張薬等の強い薬との併用は禁止されています。

フォルテコール,犬の薬
フォルテコール 20mgの使用方法(投与方法)

フォルテコール(Fortekor)20mgの投与方法としては、犬の体重1kgに対して有効成分塩酸ベナゼプリル0.25mg、猫の体重1kgに対して有効成分塩酸ベナゼプリル0.5mgを基準量として1日1回経口投与します。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
フォルテコール,腎不全
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

心疾患を患っている愛犬の為に購入しました。
半量を1日1回与えていますが、今のところ副作用もなく元気に過ごしています。
色々と調べた結果こちらのサイトが一番最安値でした。
犬の医療費はバカにならないので本当に助かります。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
フォルテコール,画像

このページは犬猫のペット用お薬のフォルテコール 20mgの効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。

このページの先頭へ