ビビトニン 50mg (犬の老化改善等) 【1箱60錠】

心疾患・腎疾患, 犬のお薬

商品名ビビトニン 50mg
商品名(EN)Vivitonin50mgTablets60tabs
内容量1箱60錠
商品コードUP05304
主成分 Propentofylline 50mg
メーカー Intervet/Schering-Plough Animal Health


ビビトニン 50mgの症状について

犬の虚血性心疾患とは、犬の高齢化や食生活の変化に伴い、高脂血症や高血圧が原因となり引き起こされる心臓病の一種です。
初期症状としては、散歩を嫌がる等の運動能力の低下や咳が頻繁にみられる事、食欲減退などがあります。
更に病状が悪化した場合、咳が止まらなくなることや殆ど動かなくなる、腹水や失神等の症状がみられるようになります。

犬の痴呆とは、犬の高齢化により引き起こされる病気で、犬が老化することにより脳が委縮する事等により引き起こされます。

症状としては、トイレを失敗する事が増える、夜鳴きをするようになる、円を描くようにぐるぐると歩くようになる、呼びかけに対して反応が鈍くなる、ぼんやりしていることが増える等の様子が見られるようになります。

これらの症状は一度にすべての症状が発症するのではなく、少しずつ症状が現れるようになり徐々に増えていきます。
発症のリスクが高まる年齢としては、平均11歳とされていますが、発症が早い犬は7歳から8歳の頃から症状が現れるようになります。

ビビトニン,値段
ビビトニン,虚血性心疾患
ビビトニン 50mgの作用と副作用効果

ビビトニン50mg(Vivitonin)はSchering-Plough Animal Health社より製造販売されている、犬の老化現象による脳機能低下や心肺機能の低下を向上させる効果のある脈管治療薬です。
有効成分はプロペントフィリン50㎎を含有しており、本剤を投薬する事によって犬の血管を拡張して血管内の血流量を増やす事や血小板の凝集を抑える効果があります。

これにより、心肺疾患や老化現象による症状の改善、心筋虚血による不整脈の正常化や気管支炎拡張作用など様々な作用があり、又、体内の血液量が増える事で、心肺機能の向上や痴呆、歩行困難、食欲減退等の症状を改善することができます。

副作用としては、本剤の投与後に嘔気やめまい、胃腸障害が引き起こされることがあることが報告されています。
注意事項としては、妊娠中や授乳中の犬、腎疾患を発症している犬、うっ血性心不全や気管支炎の治療薬を投与している犬は本剤を投与することができない為注意が必要です。

ビビトニン,薬,犬
ビビトニン 50mgの使用方法(投与方法)

ビビトニン50mg(Vivitonin)の投与方法は、1日2回朝と夜に食事の30分前後の空腹時に投与します。
又、1回量としては、通常犬の体重10㎏に対しビビトニン50㎎を1錠投与します。
犬の体重が5kg以下の場合には半分に割り投与してください。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
ビビトニン,細菌
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

インターネットでの薬の購入には不安がありましたが、値段が安い為試しに購入してみました。
注文後直ぐに商品が届きとても安心しました。
動物病院で購入するよりも値段が安いうえに、通院の手間が省けるので今後はこちらで購入したいと思います。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
ビビトニン,犬の老化

このページは犬猫のペット用お薬のビビトニン 50mgの効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。

このページの先頭へ