ハートガードプラス(体重約約12~23kg)中型犬用(カルドメックチュアブル) 

フィラリア予防, 体内寄生虫駆除, 犬のお薬

関連 : , , , , , , , ,

商品名  ハートガードプラス(体重約約12~23kg)中型犬用(カルドメックチュアブル) 
商品名(EN)  HEARTgARD plus 
内容量   1箱6個  
商品コード   UP01069  
主成分  イベルメクチン136mcg/ピランテル114mg 
メーカー  メリアル(Merial)
ハートガードプラス,犬,副作用


・ハートガードプラス(体重約約12~23kg)中型犬用の症状について

フィラリアとは、蚊やブヨに吸血される事により寄生する犬糸状虫というそうめん状の寄生虫です。
大きさは約17センチから28センチ程まで成長し、犬や猫の心臓や肺などの動脈に寄生します。

フィラリアは寄生した動物の血液中から栄養分を吸い取り成長し、心臓や肺、肝臓や腎臓等の重要な臓器に様々な悪影響を及ぼします。

初期症状としては、咳が出たり、呼吸困難になる等の呼吸障害や、散歩を嫌がる事や寝ている事が多くなる等の運動障害が見られるようになります。

しかし、殆どの場合が症状がでないまま病状が悪化していく為、愛犬にフィラリアが寄生している事に中々気付けないまま病状が悪化してしまうケースが多いです。

フィラリア症には、急性症と慢性症があり、急性症は突然血色尿素(血尿)をする事や呼吸困難等の呼吸障害、極度の脱力状態になる循環不全等が見られ、これらの症状が出た場合、数日後には死に至ってしまうケースが多く報告されています。

慢性症は、フィラリアに寄生される事などにより肺高血圧症や、運動能力の低下などが見られますが、殆どの場合が症状があまり見られないまま病状が悪化していきます。

病状が悪化すると、食欲減退に伴い体重が減少する事や、お腹に水がたまり腹部が膨らむ事、失神等の意識障害が見られ、最悪の場合は死に至る事も有ります。

その為、日頃から愛犬の様子観察を行い早期発見を心掛ける必要があります。
フィラリア寄生時期は、愛犬の飼育環境にも変わってきますが、おおよそ6月から10月までで、特に注意する時期は蚊やブヨが多く発生する7月から9月までの3ヶ月間です。

寄生経路が蚊やブヨなどの吸血昆虫で有る為、外で飼育をされている場合は寄生率が高くなり、室内で飼育されている場合は寄生率が低くなります。

しかし、犬種や性別、毛の長さや色等による寄生率は変わらない為、蚊やブヨに刺されないように気をつける事が一番のフィラリアの予防となります。

ハートガードプラス,犬,フロントライン
ハートガードプラス,犬,猫
・ハートガードプラス(体重約約12~23kg)中型犬用の作用と副作用効果

ハートガードプラス(HeartGardPlus)12kg~23kgはフィラリアの予防と、消化器管内線虫を駆除する薬です。

適正体重は12kg~23kgで、主に中型犬に使用できます。
適正年齢は生後6週間以上の犬に使用する事ができます。

成分は、イベルメクチン・ピランテルを含有しており、フィラリアの寄生を予防する事や、消化器官内に寄生する線虫を駆除する事もができる薬です。

イベルメクチンはミクロフェリア(フィラリアの幼虫)の駆除に効果を発揮する為、低用量でミクロフェリアを駆除する事ができます。

使用頻度は月一度の投与で約一ヶ月間効果が持続します。
又、ハートガードプラスは犬が好む牛肉を使用したウェットタイプの薬となります。
臨床テストでは大凡93%の犬が自ら摂取した事が報告されており、非常に投与しやすい薬です。

ハートガードプラスは日本で発売されているMerial(メリアル)社製の『カルドメックチュアブルP』とメーカーや成分、使用方法も全て同じ物です。

又、ハートガードプラスを使用する前は必ずフィラリア症の検査を行ってください。

フィラリア症に既に感染している犬にハートガードプラスを投与した場合元気がなくなる、食欲減退などの様子が見られる事があります。

その為、薬投与後は必ず愛犬の様子観察を行い、異常が見られた場合は速やかに獣医師へ受診してください。

ハートガードプラス,犬,ファイザー
・ハートガードプラス(体重約約12~23kg)中型犬用の使用方法(投与方法)

ハートガードプラス(HeartGardPlus)12kg~23kgは犬が好むとされている牛肉味を使用したウエットタイプの薬です。

その為、錠剤タイプの薬が苦手な愛犬にもスムーズに投与する事ができます。
薬を投与する前に、必ずフィラリア症の検査を行ってください。

既にフィラリア症に感染している場合、投与後に元気が無くなる事や食欲減退などの様子が見られる事があります。

フィラリア症の検査が陰性であった場合は、蚊の発生期間に伴い薬の投与期間を定めてください。
使用期間は月一度の投与で一ヶ月間隔で投与を行います。

投与方法としては、基本的にはおやつを与えるように投与してください。
味は犬が好むとされている牛肉味を使用している為、比較的スムーズに投与する事ができます。
しかし、愛犬が嫌がる場合には細かく砕いて餌に混ぜて投与してください。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
ハートガードプラス,犬,楽天
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

いつも動物病院で購入しているカルドメックチュアブルPと同じ製品だと知り安心してハートガードプラスをうちのワンコに与えています。
海外から発送されるものという事だったので、届くまで少し不安でしたが、入金後1週間で届きました。
思っていたよりも早く届いてびっくりです。
値段はいつもの動物病院で処方されるよりも安く、半額以下でした!本当に安くて驚きです!これからもお世話になります!
他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
ハートガードプラス,犬,マダニ

このページは犬猫のペット用お薬のハートガードプラス(体重約約12~23kg)中型犬用の効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。

このページの先頭へ