チバセンジェネリックと高血圧について

犬のお薬, 高血圧

商品名チバセンジェネリック5mg (Lisonid5mg) 28錠
商品名(EN)Lisonid5mg
内容量 1箱28錠
商品コードUP06167
主成分塩酸ベナゼプリル
メーカー アクタビス・イーエイチエフ(Actavis ehf.)


チバセンジェネリック5mg (Lisonid5mg) 28錠の症状について

チバセンジェネリックは、慢性心不全の症状の改善や尿たんぱくの漏出の抑制に効果があるベナゼプリルを含有した、血管拡張薬です。

ベナゼプリルは血管を収縮させる物質、アンジオテンシンⅡを作るアンジオテンシン変換酵素の働きを阻害し、末梢の血管を拡げ高血圧を緩和させます。その結果、心臓への負荷も軽減することができるアンジオテンシン変化酵素の阻害剤です。
動物用医薬品であるフォルテコール錠と同じ成分なので、安心して使用することができます。

輸出細動脈の拡張にも効果があるので、尿たんぱく漏出抑制にも繋がります。

格安,購入,通販,ペット薬
個人輸入,輸入代行,有効成分,Yahoo
チバセンジェネリック5mg (Lisonid5mg) 28錠の作用と副作用効果

投与することにより、血管を拡張するため高血圧の緩和に有効です。心不全や、尿たんぱく漏出抑制に効果があります。

副作用としては、嘔吐や下痢、ふらつきなどが見られることがあります。初めて投与する際は特に注意し様子を観察するようにしましょう。

しばらくたっても症状が改善しない場合には使用を中止するか、獣医師の診察を受けてください。

激安,最安値,処方,販売
チバセンジェネリック5mg (Lisonid5mg) 28錠の使用方法(投与方法)

犬の場合は体重1kgあたり塩酸ベナゼプリルを0.25~1.0mg、猫の場合は体重1kgあたり塩酸ベナゼプリルを0.5~1.0mgを飲ませます。1日に1回の投与です。
場合によっては錠剤を半分に砕くか、複数の錠剤を投与することとなります。

獣医師の指示を受けた上で、用法、用量をしっかり守り使用するようにしましょう。

適応する症状の治療目的以外では使用しないでください。

子犬や子猫に対してお薬を使用した際の安全性は確率されていないため、成犬、成猫以外には使用しないでください。

妊娠中や授乳中の犬猫への使用は少なからず危険性がある可能性がありますので、使用は避けてください。

チバセンジェネリックを誤って飲み込んでしまった場合、ただちに病院で医師の診察を受けるようにしてください。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
価格,症状,効果,獣医師
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

血管拡張のお薬はこれからずっと投与していかなければいけないのですが、このお薬は手軽に手に入るので嬉しいです。
これからもリピートしたいと思います。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
楽天,amazon,ネット通販,ジェネリック

このページは犬猫のペット用お薬のチバセンジェネリック5mg (Lisonid5mg) 28錠の効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。

このページの先頭へ