タブレットタイプのフィラリア症予防薬

犬のお薬, 犬・猫の兼用タイプ, 猫のお薬

■商品名について
ジェネリックのフィラリア症予防薬 キウォフハート中型犬用

■症状について
キウォフハート中型犬用は犬糸状虫、犬の回虫、鉤虫を予防しフィラリア症を防ぎます。
フィラリアは感染した犬の血を吸った蚊によって媒介される犬の病気です。病気は症状があまりないままじわじわと進行します。犬の身体に入ったフィラリアは最終的に心臓や大動脈に寄生します。

そこで成長し血液の流れや心臓の働きに悪影響を及ぼします。散歩に行きたがらない、食欲不振、体重減少、咳などの症状が見られたらフィラリアの疑いがあります。早めに獣医師の診断を受けましょう。

フィラリアから犬を守る最善策は心臓へフィラリアを寄生させないことです。心臓へたどり着く前の幼虫の間に予防剤を使って駆除してあげましょう。

 

 

■商品の効能・効果と副作用について
キウォフハートはタブレットタイプのフィラリア症予防薬です。割りやすく、食事にも混ぜやすいので簡単に投与ができます。キウォフハートはハートガードプラスのジェネリック品です。開発前に他の薬を徹底的に研究し改善を重ねて、ようやく2014年に登場しました。

犬が好きな味をリサーチし、一番食いつきの良かったミート味で、与えやすくなっています。蚊が発生する期間中、毎月1回投与するだけで簡単にフィラリア予防ができます。
キウォフハートは効き目が速いことも特長の一つです。投与してから30分以内に効き始めます。

キウォフハートは月に1回定期的に投与することで効果があります。飲み忘れはもちろんのこと飲み残しがあると予防の効果が十分ではない場合もあります。間隔があきすぎてもいけません。必ず月に1度、例えば決まった日にちで飲ませるなどと決めて、飲み忘れや飲み残しのないように工夫してあげましょう。

 

 

■使用方法(服用・投与方法)
キウォフハート中型犬用は体重12kg~22kgの犬に適しています。
蚊が発生する期間、1か月に1回与えます。投薬後、完全に飲んだか、薬を吐き出していないかをしっかり確認してください。飲み残しがあると完全に予防できない場合があります。投薬の間隔があくと効果が減少します。

1か月毎、または決まった日にちに投与してください。ご使用の際は、獣医師に相談の上、指示に従ってください。

■商品のレビュー・購入後の感想
今まで病院でフィラリア予防の薬を頂いていたのですが、3頭飼いなので月1回で蚊がいる時期に続けるのって金銭的にけっこう大変。なのでジェネリックを探してキウォフハートにたどり着きました。中型犬用と小型犬用を買ってあげています。

ちびっこのシーズー君はそのままでは食べてくれず、割ってごはんにまぜるのですが、ほかの子はそのままバリバリ食べてくれます。ジェネリックだからといって不具合はないようですので、ずっと使っていきたいです。

このページの先頭へ