セレニア | 医薬品(レビュー・体験談付)《犬猫薬の通販で格安購入》

制吐剤、下痢、便秘, 犬のお薬

商品名セレニア(Cerenia)16mg犬用
商品名(EN)Cerenia16mg
内容量 1箱4錠
商品コード UP01896
主成分Maropitant 16mg
メーカーファイザー(Pfizer)


セレニア(Cerenia)16mg犬用の症状について

セレニア16㎎は、ファイザー社から販売されている有効成分マロピタントが含有されている犬用の制吐剤です。
セレニア16㎎は8.1㎏未満の超小型犬や小型犬に使用します。

セレニアは米国食品薬品局に承認されていて、適量の5倍の量を投与しても安全である事が確認されています。

嘔吐は食べすぎや早食いなどの消化管の不調が原因で起こりますが、胃腸疾患や腎機能障害、膵炎、肝機能障害などの疾患や抗がん剤などの薬剤による副作用などがあります。
嘔吐は、一度胃の中に入ったものを何らかの理由によって吐き出された状態を言い、ほとんどは一過性で半日から1日の絶食で嘔吐は改善されます。

ただ、繰り返し嘔吐したり、嘔吐をした際に下痢やけいれんなど他の症状が確認された場合には重度の疾患に罹患している可能性が高いために獣医師による診察を受けます。

格安,購入,通販,ペット薬
個人輸入,輸入代行,有効成分,Yahoo
セレニア(Cerenia)16mg犬用の作用と副作用効果

嘔吐をする際には、嘔吐中枢をニューロキノン受容体が刺激する事によって嘔吐しますが、セレニアはニューロキノン受容体の作用を阻害する事によって嘔吐の抑制が可能となります。

激安,最安値,処方,販売
セレニア(Cerenia)16mg犬用の使用方法(投与方法)

セレニアは体の速やかに吸収され、24時間効果が持続するので1日1回の投与で十分です。
また、投与後1時間で高い有効性が確認されます、

体重1㎏あたり2㎎を最大5日間投与します。
また、セレニアは乗り物酔いの予防としても効果がありますが、投与量が違います。
乗り物酔い防止の場合には、車に乗る1時間前までに体重1㎏あたり8㎎を1日1回経口投与します。

セレニアは獣医師の指示が必要な医薬品なので、事前に獣医師の診察を受けるようにします。
生後16週未満の犬、妊娠中や授乳中の犬、心疾患を有する犬、肝障害の疑いのある犬、消化管の通過障害或いは有害物質の摂取による嘔吐がある犬には投与してはいけません。

また、投与する方法は経口投与ですが、食べ物を包んだり、食餌と一緒に投与してはいけません。
体重2㎏未満の犬には使用をしないようにします。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
価格,症状,効果,獣医師
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

動物病院でも使用している医薬品なので、安心して使用する事ができます。
車酔いが酷い愛面との旅行のために購入しましたが、元気に旅行先に到着しました。
今後も車での長時間移動の際には投与させたい。
酷い嘔吐で悩んでいましたが、投与すると全く吐かなくなりました。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
楽天,amazon,ネット通販,ジェネリック

このページは犬猫のペット用お薬のセレニア(Cerenia)16mg犬用の効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。

このページの先頭へ