ストロングハート購入前に知っておくべき常識

コラム, 犬のお薬, 犬・猫の兼用タイプ, 猫のお薬

■商品名について
フィラリア症に ストロングハートチュアブル小型犬用(11kg以下)

■症状について
ストロングハートチュアブル小型犬用は、フィラリア症の予防薬です。11kg以下の小型犬に適したサイズです。フィラリア症のトップブランドカルドメックのジェネリック医薬品です。
フィラリア症は寄生虫の一種であるフィラリアによって起こる病気です。咳や息切れ、肝臓や腎臓の障害、腹水、足のむくみなどの症状があります。

フィラリアは蚊によって犬の体内に入り込み、最終的に心臓や肺動脈に寄生します。これが血液の流れを妨害し、心臓の働きを弱めていきます。死に至る場合もある危険な病気です。しかし、現在ではフィラリアの予防は確立しており、フィラリアを媒介している蚊が生息している期間、予防薬を服用することで感染を防ぐことができます。

薬の種類も多く、錠剤や体に垂らすタイプ、おやつのように食べるタイプなど様々なものが発売されています。
ストロングハートチュアブルはおやつのように食べるタイプの薬で、薬が苦手な犬にも簡単に投与することができます。

 

 

■商品の効能・効果と副作用について
ストロングハートチュアブルは、フィラリア症のトップブランド、カルドメックのジェネリック品で、チョコレートのような甘い香りと少し甘いミート味が特長です。成分もカルドメックと同じイベルメクチンとピランテルです。
イベルメクチンは寄生虫を駆除する薬です。2015年の大村智先生のノーベル賞受賞とともに「寄生虫に寄る風土病の治療薬」として知られることとなりました。

ピランテルも寄生虫駆除剤ですが、こちらは消化器に寄生するぎょう虫や回虫に作用します。いろいろな寄生虫に広く作用する薬です。
ストロングハートチュアブルは、これら2つの成分の作用により、フィラリアを予防するとともに消化管内線虫の駆除ができるお薬となっています。

■使用方法(服用・投与方法)
ストロングハートチュアブルを使用する前に、血液検査でフィラリアに感染していないことをご確認ください。蚊が発生する前から蚊のいなくなった後1~2か月後まで毎月1回、定期的に投与します。投与のし忘れや、期間があきすぎると、効果的な予防ができないことがあります。投与日を忘れないように同梱のシールをカレンダーに貼ってご利用下さい。

■商品のレビュー・購入後の感想
トイプーを3頭飼っています。3頭いると病院代と薬代が高くて大変でした。少しでも安い薬がないかとネットで検索していて、ストロングハートチュアブルを見つけました。ジェネリックは安いですね。
すぐ飛びつきました。安くても食べてくれなければ意味がないのですが、ストロングハートはおやつと思っているのかすぐに食べてしまいました。来年もストロングハートで決まりです。

このページの先頭へ