ジェネリックエナラプリルエナカルド錠

犬のお薬, 犬・猫の兼用タイプ, 猫のお薬

■商品名について
心不全・高血圧の予防・治療に
エナカルド錠 ジェネリックエナラプリル10mg

■症状について
エナカルド錠 ジェネリックエナラプリル10mgはエナラプリルのジェネリック品です。高血圧や心不全の犬・猫どちらにもお使いいただけます。
高血圧はご家庭で発見しにくい病気の一つです。

犬や猫では血圧が150/95mmhg以上だと高血圧とされますが、症状を訴えることができないため見逃されることが多いのです。ペットの体調をチェックする習慣があれば、早期に発見することも可能ですので、簡単なバイタルチェックはご家庭でしてあげましょう。

血圧測定は病院でお願いすることになるでしょうが、体温、心拍数、呼吸速度等は家庭でもできるチェックです。
高血圧は様々な病気の要因の一つとされています。

網膜浮腫、網膜剥離などの眼病、心雑音、不整脈などの心臓病、斜頚、運動失調、けいれん発作など脳の障害、腎動脈圧の上昇から腎尿細管の変性なども起こります。
病気を早めに発見するために、家庭でできるチェックをして、少しの異変も見逃さないようにしましょう。

 

■商品の効能・効果と副作用について
エナカルド錠 ジェネリックエナラプリル10mgは、エナラプリルのジェネリック品です。エナラプリルは心不全や高血圧の予防・治療のためのお薬です。
エナラプリルは血管拡張剤で血管を弛緩する作用があります。心臓・血管障害のある動物に対して血管収縮ホルモンを減少させるよう働きます。心不全の動物の心筋へのダメージを減らします。

 

■使用方法(服用・投与方法)
エナカルド錠ジェネリックエナラプリル10mgは心不全や高血圧を予防・治療するための「薬」です。使用前に、必ず獣医師に相談してからお使い下さい。
犬ならば、体重1kgに対して0.5mgを1日1回か2回、経口投与が一般的です。

例えば、体重20kgの犬では、エナカルド錠ジェネリックエナラプリル10mgを1錠となります。
猫ならば、体重1kgに対して0.25mg~0.5mgを1日1回か2回、経口投与が目安となります。
投与の分量は目安です。必ず獣医師に相談し、その指示に従ってください。

■商品のレビュー・購入後の感想
5歳くらいから心臓が悪く、6年くらい薬のお世話になっています。薬代に病院代と結構大変でした。愛犬の命とお金、変えられるものではないけれど、やはり安い方が助かります。エナカルドはジェネリックなのでありがたいです。

このページの先頭へ