クララスティル | 効能効果・副作用・口コミ《ペット動物薬価情報!!》

犬のお薬, 目のケア

商品名クララスティル
商品名(EN)Clarastill
内容量1本5ml
商品コードUP01835
主成分 N-acetylcarnosine
メーカーBruschettini SRL


クララスティルの症状について

犬の白内障とは、眼球内にある水晶体が白濁してしまう眼の病気です。
白内障の原因としては、糖尿病やブドウ膜炎等の基礎疾患、ジニトロフェノールなどの有害物質によるもの、加齢や遺伝があげられます。

又、犬における白内障の場合、常染色体性劣勢遺伝が殆どであり、好発犬種としてトイプードルシベリアンハスキー、ゴールデンレトリバー、ミニチュアシュナウザー、アメリカンコカースパニエル等がいます。

白内障の主な症状としては、水晶体の白濁、視力の低下、網膜剥離等があげられ、犬は視力が低下する事により、壁や物等の障害物にぶつかる事や段差等につまずく等の歩行困難が見られるようになります。
又、病状が進行すると失明してしまう恐れがあります。

クララスティル最安値
クララスティル,白内障
クララスティルの作用と副作用効果

クララスティル(Clarastill)はBruschettini SR社より販売されている有効成分N-アセテルカルノシン含有の白内障治療に用いられる点眼薬です。
本剤の有効成分であるN-アセテルカルノシンは、眼球内の抗酸化力を上げ水晶体の酸化を抑制し、回復させる作用がある為、水晶体の濁りを抑制し改善する効果があるとされています。

又、N-アセテルカルノシンの安全性については10年以上に渡る臨床実験により高い安全性が証明されており、欧州の医薬品安全規格を取得しています。
その為、副作用については殆ど無いとされていますが極稀にぶどう膜炎が引き起こされる事があるようです。

本剤における注意事項については、ルティン製剤やアスタキサンチン製剤、ゼアキサンチン製剤等の抗酸化剤サプリメントとの併用は、本剤の効果が半減する恐れがある為注意が必要です。
又、容器内の薬液汚染を避ける為に本剤の投与時は、犬の目や使用者の指先に触れないように投与し、開封後は30日以内に使い切るようにしてください。

クララスティル,眼科医
クララスティルの使用方法(投与方法)

クララスティル(Clarastill)の投与方法としては、本剤の投与開始から1ヶ月間は1日朝・晩の2回、両目にそれぞれ1滴ずつ点眼します。
2ヶ月目以降の投与方法としては、1日1回を両目にそれぞれ1滴ずつ点眼します。

本剤を投与後、症状の改善が認められない場合は2ヶ月目以降の投与量を減らさず症状が改善されるまで投与開始の投与量を継続して投与してください。
又、症状の改善後も再発防止の為に本剤を継続して使用する事をお勧めします。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
クララスティル,2ch
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

愛犬のトイプードルの白内障治療の為に購入しました。
使用し始めてそろそろ4ヶ月目突入です。
白内障の症状はすっかり良くなり視力も良くなったようです。
部屋の中で物にぶつかる事がなくなっただけでなく動くものを目で追っている様子も見られ本当に嬉しく思っております。
白内障の再発防止にも効果があるとの事なので今後も引き続きクララスティルを使い続けたいと思っています。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
クララスティル,c-nac

このページは犬猫のペット用お薬のクララスティルの効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。

このページの先頭へ