アイチュミューンのお薬購入

犬のお薬, 犬・猫の兼用タイプ, 猫のお薬

■商品名について
アトピー性皮膚炎に アイチュミューン 50mg

■症状について
アイチュミューン 50mgはアトピー性皮膚炎のかゆみを緩和し、乾癬や腎炎症候群を含む様々な自己免疫疾患に有効です。動物病院でよく使われているアトピカのジェネリック品です。アトピー性皮膚炎はアレルギーの原因となるアレルゲンが体内に入ることによって起こる皮膚炎です。

アレルゲンとなるものはほこり、ダニ、花粉、フケ、化学薬品などがあります。アトピー体質で現れる症状の一つがアトピー性皮膚炎で、皮膚炎のほかに喘息のような呼吸器症状、てんかん発作を起こすこともあります。

アトピー性皮膚炎の主な症状はかゆみと患部の乾燥があげられます。初期は季節の変化により症状が出たり消えたりしますが、徐々に症状が続くようになり、最終的には一年を通じて現れます。

 

 

■商品の効能・効果と副作用について
アイチュミューンの主成分はシクロスポリンで、これは免疫抑制剤です。自己免疫疾患や臓器移植における拒絶反応に対して使われます。
1か月ほどは毎日1回投与してください。投与開始から4週間以降に改善が認められれば1日おき、もしくは週に2回まで減らすことができますが、投与期間が8週間を超えないように注意してください。

アイチュミューンの投与により、軽度~中程度の食欲不振、嘔吐、軟便が見られる場合がありますが、これらは一過性のものなので、心配はありません。
シクロスポリンは免疫抑制剤ですので、アイチュミューンの投与によりバクテリアや真菌などの微生物に感染しやすくなることもあります。

これらの感染症がある場合は事前に治療をしておくことをおすすめします。また悪性腫瘍に対する免疫反応を抑制する場合があります。使用前にほかの病気があるかどうかを必ず検査をしておきましょう。

 

 

■使用方法(服用・投与方法)
アイチュミューンは獣医師の指示に従い用法・用量を守ってお使い下さい。
体重4kg~8kgで25mg、8kg~15kgで50mg、15~29kgで100mgとなります。

アイチュミューン 50mgは体重8kg以上の犬におすすめです。
食前1時間前、もしくは食後2時間以降の空腹時に投与してください。
8週間継続しても効果が無い場合は使用を中止し、獣医師にご相談ください。

■商品のレビュー・購入後の感想
サヴァ・ヴェット社と言えば、動物用のジェネリックで有名と聞いたので、アイチュミューンを試してみることにしました。アトピー性皮膚炎は根気よく治療しないといけないと思うので、ジェネリック品はありがたいです。効き目もアトピカと変わらないと思います。

このページの先頭へ