飼いたい場合はどうしたらいいの

コラム, ペットの種類で探す

犬を飼いたい場合って、どこから犬をお迎えすればよいか初めの方は分からないことでしょう。
そこで、ふつうの人はまずまっさきに考えることは買うことが想像できると思います。

それも、ふつに街にあるペットショップや口コミでブリーダーさん、ということが一般的かもしれません。
ある意味で最も多い方法であるといえます。

例えばこの犬種がよい、ということがはっきりとしているのであれば今時の買い方であればネットが発達しているので、全国から買うことができるようになっていますから、まず、お勧め出来る方法であるといえるでしょう。
現代の飼い方であれば間違いなく、10年以上の付き合いになるのですから、買うときにすこしでも安く、と考えることはあまりお勧め出来ることではないです。実はそれなりにペットショップであろうとも安く買うコツはあります。

例えばペットショップで扱われる仔犬の殆どは数ヶ月程度になります。早い場合、2ヶ月くらいの犬なのですが中にはなかなか売れないで一年くらいになっている子もいたりします。

当然、そうした子は安くなっています。さらに安く買うことができる交渉もできないわけではないです。
そうした意味では飼うのにお勧めできます。
そして、そうした犬はずっと放置されているわけではなく、少なからずしつけをされていますから、買いやすい、というメリットもあります。

しかし、圧倒的に人気なのが子犬ですから、どうしても1歳近くというのはそんなに飼いたいと思える人が多くない、というデメリットもあるのです。
そこを狙う方法があります。
子犬の頃から飼わないでもよいのであればこの方法であれば安く飼えます。

今は買わなくても、保健所やボランティア活動されている人などが定期的に、里親会を開いているのでそこから譲り受けることも可能です。
本当に飼いたい願望があるのであれば、たくさんの動物に直接会い、長年飼うことができるのか直感を大事にすることも必要かと思います。

このページの先頭へ