雑種の特徴とは

コラム, ペットの種類で探す

雑種の犬猫の特徴的なのはまず見た目で分かることがほとんどです。なかには交わりが浅い交配になれば、まだ純血種に近い動物もいることもあります。
そのなかで雑種はまず、純血種に比べたくましく育ってきているため丈夫な健康体が多く、ちゃんとした環境であれば長く生きることが多いです。

 

そんな雑種の動物をどこから手にいれるかとなると、雑種は純血種にくらべ用意に手に入れやすい環境だと思います。純血種ですとどうしてもペットショップなどでは高値で売られていることがありますが、そこに比べてよく譲渡会や保健所など知り合いから拾ったからたくさん子どもが生まれたからと、飼うための手の入りやすさはあります。

実際に飼い始めると、雑種動物は子どものころと比べたら容姿が大人になるにつれ、変わり始めることがあります。
それがまたどんな成長になるのかが楽しみな部分が雑種の特徴ともいえます。

 

特徴的な代表で変な模様柄になったり、目立つところにおもしろい形の毛色ができたりと、逆にそれが希少価値になるのかもしれません。
よく珍しい動物は盗まれたり売られたりすることがありますが、雑種ですとそこまでして盗んだり売ることはほとんどありえないでしょう。

このページの先頭へ