雑種と血統種について

コラム, ペットの種類で探す

ペット動物において、血統が混在した雑種と純粋な血統種で脈々受け継いだ純血種があります。
そのどちらの種類によっていい面もわるい面も、俗にいう一長一短があります。

また、その中で純血種といわれるなかで、毛の長い長毛種や毛の短い短毛種とあれば、性格種類によっては、暴れやすい活発な犬猫もいれば、おとなしく臆病な犬猫もいたりします。

 

この種類の一長一短は、人間でも同じで他の動物でもそれぞれの特徴や性格などがあらわれることがあります。
そこで、その種類による特徴を大まかではありますが良く知ることで、これから飼う予定の方は参考にされてください。
ご自身の性格に合ったペットを飼われるのが、一番の選択かもしれません。

 

主に純血種は、その国や地域に昔から生息する純粋な他の動物と交わることなく、長い年月を歩み血族をそのまま純粋に受け継ぐことによって生まれます。
また、人間が伝統や原則的に守り抜いて他の動物の種類が交わりあわないようにしたこともあるようです。

それとは逆に、有名なトラ模様のネコや三毛色した猫などはみたように、交わりあって雑種になり月日が経ち、自然と交配を重ねることにより、雑種類になります。雑種はいくつもの種類が時代を重ね複合することにより、たくましさや個体ごとに違う毛色や模様などをたくさんあり個性あふれる動物が多いです。

このページの先頭へ