身近にいるニャンコを見るのが毎日の楽しみ

コラム, ペットの種類で探す

我が家に野良猫のニャンタが居つくようになったのはすでに12年前。。。真夏の暑い季節に部屋にいると暑いので外に出ようとしたときに、目の前から一匹の野良猫が近寄ってきて足元にすりすりし始めました。

始めは暑い季節だったのでうざったい気持ちがありましたが、しつこくまとわりついてくるので、庭にある水場に連れていき水を飲ませてあげるとぐびぐびと飲み始めました。そこから、その猫のしぐさにはまり始めました。

その日を境にちょくちょく来るようになり、餌も少し上げたりしていると一日の大半を家にいつくようになりました。
始めは庭で寝てたり遊んだりしてたのですが、秋になり少し寒い季節になると、少し可哀そうになりベランダを少しだけ開けておいたら中を観察してから、すっと入ってきました。

入ってからは隅っこで部屋の中を観察していましたが、時間が経つにつれ動き回るようになり、私のそばで寝るようになりました。
それから、、、12年の月日が経ちいまはよぼよぼになりながらも、元気にお母さんのいる台所に餌を今日も貰いにいきました。
そんな光景を見ているといつまでも長生きして欲しいと強く思いました。

このページの先頭へ