細菌感染症の治療薬クラベット

コラム, ペットの種類で探す

■商品名について
感染症に 抗生物質クラベット250mg(10錠)

■症状について
クラベットは犬や猫の皮膚病、肛門腺炎、尿路感染症、呼吸器のバクテリア病、腸炎、歯肉炎などの治療に用いられる抗生剤です。ウイルスやダニなど寄生虫感染には効果ありませんが、様々な感染症に効果があるため常備薬としてもおすすめです。

感染症とは病原性の細菌が体内に侵入したり異常増殖をして起こします。通常、体には免疫機能があり、このような病原性細菌は排除することができるのですが、体調不良等により免疫機能が弱っていたり、菌の増殖が急激に進んだりした場合に感染症を発症します。

この感染症を治療するために抗生物質を使用します。抗生物質とは増殖した菌を殺したり増殖を抑えることで感染症を治療する薬です。
クラベットはペニシリン系の抗生物質の一つです。ペニシリン系の抗生物質は人体細胞への毒性が低いのが特徴となっています。いざという時の常備薬としておすすめできる薬です。

 

 

■商品の効能・効果と副作用について
クラベットはオーグメンチン、クラバモックスのジェネリック品となります。有効成分はアモキシシリンというペニシリン系の抗生物質ですが、他にクラブラン酸カリウムという物質が含まれています。クラブラン酸カリウムはアモキシシリンの分解を防ぐため、より安定した抗菌力を発揮できる薬となっています。

アモキシシリンはより幅広い細菌に対して有効であり、強い殺菌力を発揮します。胃酸に対する抵抗性があり経口投与が可能である上に、体内での吸収に優れているという特徴があります。

このように細菌に対して有効なクラベットですが、ペニシリンに対してアレルギーがある場合には使用できません。衰弱、高齢、妊娠中などの犬・猫に対しての投与は獣医師にご相談ください。薬に敏感な犬・猫の場合、一過性の過敏症が起こることがあります。症状が続いたり悪化する場合はすぎに動物病院を受診してください。

 

■使用方法(服用・投与方法)
クラベットは体重1kgに対し12.5mg~13.5mg、1日2回の投与が目安となります。体重14~18kgでクラベット250mg1錠となります。
これは皮膚感染症や尿路感染症など一般の感染症において使用される目安量となりますが、症状等によって使用量は異なります。使用の際は獣医師に相談のうえ、その指示に従ってください。

 

■商品のレビュー・購入後の感想
いつのまにか家に住み着いた野良猫。ふと見ると、しっぽの毛がなく怪我をしている様子。猫の保護活動をしている友人に「これ使ってみて」と言われてもらったのがクラベットでした。しばらく投与してたら怪我もよくなり、毛も少しずつ生えてきているようで安心。いざという時のため、買い置きしておこうと思います。

このページの先頭へ