生まれる前からの出会い

コラム, ペットの種類で探す

前猫が亡くなって、なかなか次のペットを飼う気に慣れなくなっていました。
友人などのかわいい子猫いるけどどう?など声をかけて頂いても気持ちがついていかず・・・1年ほど経ち何年かぶりの友人に会うことになり久しぶりのランチ会に行きました。

友人は猫を飼い始めたそうでかわいいよ!って写メを見せてくれました。
悲しかった前猫との別れを思い出すより、あの温もりを思い出していました。
もう一回飼ってみようかな?・・と友人に話していました。

友人は今は子猫の話聞いたことがないけど誰かに聞いてみるね。
とその日か解散しました。数日後、まだ生まれていないけど妊娠してるみたいな猫がいるけどどうする?って連絡が・・・即答でほしい!どんな子でも運命を感じるから飼い主にお願いしておいてと伝えそれから1か月くらい生まれたようだよ。

でも、写メがないからどんな子かわからないし、父親は野良猫で母猫も野良猫が住み着いた感じだから期待しないでね。とのこと。
そんなことはどうでもよかった。
生まれる前から買うと決め合ってもいない子猫はどんな子でもきっと家に来たくて出会ったんだと思えていました。

その1か月半後引取に来てと連絡があり他県まで取りに行きました。初対面!生後40日 おいで!と声を掛けたら1匹だけがよちよちと近寄ってきて抱っこして~とばかりにくっついて来てくれました。

その子以外の子も誘ってみたんですが、全く寄ってこない。友人には私に寄ってきた子は寄っていかない・・なんて子!私だけにスリスリミラクルで劇カワ(笑) 

飼い方なども野良のようなものだから特に気を付けることもないし、餌もなんでももう食べるよとのこと。ただノミがいるかもしれないからごめんねと・・・軽い挨拶をし、1時間以上かけ家に連れて帰りました。

帰宅後、知らない家、兄弟、親との別れで寂しいかなって思っていましたが、全く関係なく家の中を駆けずり回る。
じゃれまくる。餌がそんなに食べて大丈夫?ってほど食べトイレもここだよって乗せたら、さっさと済ませひたすらじゃれて遊びまわって寝てしまいました。

家見知りも人見知りも、寂しがることも全くなく我が家の猫になりました。
それから1年、私の顔が見えないと探しまくり、トイレなどに入っていると大声で鳴いて入れて!と甘える猫になっています。
運命の出会いだったのかなっと今は思えています。

このページの先頭へ