猫を我が家で飼い始めるまで

コラム, ペットの種類で探す

我が家は、もともと犬大好き一家で室内犬を飼っていました。ネコを飼うとは夢にも思っていなかった時に起こった話です。自宅には、普段から野良猫が遊びに来ていたのですが、毎日遊びに来ていた猫が妊娠しているのに気づきました。

その猫は、近づくと逃げてしまうのですが一定間隔を保つとそこにいるタイプの猫で、犬の散歩に距離を保ってついてくる可愛い猫はでした。
数週間したある日、その猫がまた我が家に遊びに来ていると思っていたら、そのまま出産が始まりました。

飼い猫ではないので、正直病気などが心配でしたが、犬のかかりつけの獣医さんに電話で相談しながらダンボールにタオルを用意しました。

それ以外は、猫の気が散るといけないので特に何もせず遠くから見守る事にしました。翌日、窓から様子を見てみるとダンボールの中に母猫がいたままでした。

後から獣医さんに聞いた話だと子猫が見えないように母猫が覆いかぶさっていたようです。それから少し経った頃に、子猫が少し見られるようになりました。
目もまだ開いていない状況の動物を見たのは初めてで一気に愛着が湧きました。

野生で暮らしていく上では病気や天候の変化などから、生後数週間で命を落としてしまう子猫が沢山いるという事を獣医さんから聞いていました。

家族会議を開くまでもなく、自然の流れで一階の一部屋をその猫親子に開放して数週間様子を見ることにしました。
水を用意したりエサを用意したりするうちに、そのまま我が家で飼ったらどうかという流れになり今はもう3年が過ぎました。

このページの先頭へ