犬の絶対的な飼い方の考え方

コラム, ペットの種類で探す

犬というのは人類の友ともいわれているような動物であり、まず飼い易いようになっています。
そうした犬ばかりではないですし、個体差はありますが長い歴史の中で正しく飼えは人間に懐くようになっている、というのは確かでしょう。
では、どのような考え方で接するべきなのか、といいますと命令権がこちらにある、というのをはっきりとさせることです。これがまず躾けの大原則になります。
可愛いからめでることも大事ではありますし、それで愛情を感じることもあるでしょうが甘やかすのはよくないです。

子育てにもいえることではありますが、犬の調教においてはそれがより強くいえることになります。
命令をすること、言うことを聞かすこと、芸を仕込むこと、或いは言い方を変えますと好きにさせないことを嫌がる飼い主さんも多いです。

自由奔放にしてあげたい、という気持ちもあるでしょうのが、それは逆に犬にとっては迷惑というか、物凄く負担になります。
犬は群れの生物であり、トップが何事も指示をして、導くことがベストなのです。
ですから、犬は甘やかされると勘違いするのです。ですから、徹底して上下関係を叩き込む、というのが大事になります。
ここで勘違いしてはいけないのが暴力を振るう、ということです。それはよくないです。

簡単にいいますと要するに勝てばよいのです。何よりも主人が優先される、というのがわかればよいわけです。
おもちゃを引っ張る遊びでは必ず最終的には人間側が持つようにして、散歩では進路は犬に決めさせないで人間が決めるのです。

このページの先頭へ